menu

海外FXの必要証拠金は驚くほど少なくすむ。【レバレッジ】

tenbin国内FX業者のレバレッジは規制により最大25倍と定められていますが、海外FX業者では最大200倍~2000倍のレバレッジをかけて取引することが可能です。

では、仮に1万通貨の取引をした場合、レバレッジによって必要証拠金がいくらで済むのでしょうか。

1万通貨のポジションに必要な証拠金を比較

レバレッジの違いで1万通貨のポジションを持つ時に必要な証拠金はどのように変わってくるのか比較してみました。

レバレッジ 25倍 50倍 200倍 400倍 800倍 2000倍
ドル円【110円】 44,000円 2,2000円 5,500円 2,750円 1,375円 550円
ユーロ円【125円】 50,000円 25,000円 6,250円 3,125円 1,566円 625円
ポンド円【160円】 64,000円 32,000円 8,000円 4,000円 2,000円 800円

 

FXは少額で取引をスタートできる、というのが大きなメリットだったわけですが、国内FX業者(レバレッジ25倍)ではドル円を1万通貨取引するためにはフルレバでも44,000円の証拠金が必要となるため、50,000円ほどの証拠金で取引することは現実的に困難です。

仮に国内FX業者で50,000円で取引を始めたとしても、1万通貨しかポジションが取れなければ、1円(100pips)の値幅を抜いてようやく10,000円の利益です。デイトレード、スキャルピングをメインの手法としている個人投資家にとっては、魅力を感じにくいですよね。

もちろん運用資金が100万円、1000万円と豊富に用意できる方は国内FXでも大きなポジションを持って取引できますが、5万円くらいの資金でFX取引を考えている方は国内FXでの取引は物足りないでしょう。

一方で400倍以上のレバレッジが利用できる海外FXでは5万円くらいの少額取引でも満足に取引することができます。400倍のレバレッジでもドル円で1万通貨のポジションを持つのに必要証拠金は2,400円程度。証拠金維持率を加味しても余裕をもってポジションを持つことができます。

そもそも海外FXで5万円の資金があるなら、1万通貨とは言わずにもっと大きなポジションを持つことができますよね。

例えばレバレッジ400倍の海外FX口座を利用する場合、10万通貨(レバレッジ200倍)のポジションを持った時の証拠金維持率は200%になります。海外FX業者のロスカット水準はだいたい証拠金維持率の20%~30%なので、10万通貨のポジションを持ってもロスカットまでかなり余裕があります。(海外FXのロスカット水準について詳しくはこちら

ちなみに、レバレッジ400倍のポジションだと20万通貨持つことができます。こちらだと10,000円の利益を抜くのに必要なpips数はわずかに5pipsで済みます。スキャルピングを得意とする投資家にとっては、これはかなり大きなメリットとなるでしょう。

(もちろんデイトレードでも、一方向にきれいに進む相場(トレンド)が発生した際に海外FXでハイレバレッジでピラミッティングがうまくハマると、大きく利益が伸びます。昨今のアベノミクス相場はまさに、ピラミッティング向きの相場でした。)

 

必要証拠金が少ないと複数の大きなポジションをもてる!

FX取引は複数のポジションを持つことが有効な場合があります。例えば、ヘッジ(両建て)でポジションをもてば、相場が逆行した時のリスクを抑えることができますね。

国内FX(MAXレバレッジ25倍)では、取引資金が10万円あったとしても1万通貨のポジションを最大で2つしかもつことできません。3つめのポジションを持つためにはそれぞれのポジションサイズを小さくしなければいけません。

FX取引の手法の1つに「ヘッジでポジションを保持しながら、別の通貨ペアでチャンスを伺う」というものがありますが、国内FXで取引きする場合は、ヘッジのポジションとチャンスが訪れた通貨ペアのポジションのどちらかを小さくしなければいけないので取引効率が悪くなってしまいます。

数万円の資金なら、国内FXではある程度まとまった1つのポジションをもって取引するのが関の山でしょう。

一方で必要証拠金が少ない海外FX(MAXレバレッジ400倍)なら10万円で1万通貨のポジションを20もつことができます。複数の大きなポジションを持つことができるので、異なる通貨ペアを組み合わせた取引戦略を立てることが可能です。

 

FXを少額取引トレードするなら海外FX

海外FXはレバレッジが大きい分、国内FXよりも少ない証拠金でポジションをもつことができます。もちろんガッツリ資金を用意してじっくり取引するような熟練のトレーダーの方もいらっしゃると思いますが、FXトレーダーの多くは副業として、また片手間にFXをやってみようという方に、海外FXはもってこいと言えるでしょう。

 

もちろん少ない証拠金で多くの枚数で取引するのは、強制決済までの値幅が小さくなるためハイリスクです。海外FX業者を利用しているからといって、ハイレバレッジで取引する必要もないので、あくまで自分のやりやすいレバレッジで取引することを心がけましょう。

海外FX総合人気ランキング

カテゴリー