menu

MXtradeの評判は?2chでステマ?出金は安心できる?【Q&A】

logo (2)

MXtradeという海外FX業者について、当サイトに問い合わせが寄せられました。

「MXtradeはどんな業者なの?」というざっくりしたものから、「MXtradeが警告を受けた件について詳しく教えて!」というコアなものまで多数の質問が寄せられています。

そんな多くの質問の中からMXtradeのすべてがわかるようにピックアップした6件の質問について、事実と管理人自身の主観を織り交ぜながら回答していきます。

>>MXTRADEの口座開設はこちら<<

※MXTRADEは日本のマーケットから撤退をしました。2016年5月17日~

QMXtradeってどんな業者ですか?

AMXtradeの特徴を一言で表すならば『超ボーナス特化型の海外FX業者』です。

どうやらMXtradeという業者を紹介しているサイトが少ないため、「名前は聞いたことはあるけど全体像がつかめない」という方が多いようです。

ボーナスについての質問も多かったため、ここでまとめて回答します。

MXtradeは【初回入金ボーナス】と【口座開設・未入金ボーナス】の2種類のボーナスを用意しています。

初回入金ボーナス

MXtradeの初回入金ボーナスは海外FX業者TOPクラスの豪華さを誇っています。

ボーナス額は初回入金額の100%。入金額が倍になって口座に反映されます。

口座開設ボーナス(未入金ボーナス)

MXtradeでは、入金しなくても口座を開設だけで5000円が付与される口座開設ボーナスが用意されています。

口座開設ボーナスがある業者は、入金というリスクを冒さずにリアル口座を試すことができるのが特徴です。

他に口座開設ボーナスを提供しているXMのボーナス額は3000円なので、初回入金ボーナスも加味するとかなり太っ腹なボーナスを提供しているといえます。

QMXtradeのスプレッドは狭いっていうのはホントですか?

スプレッドが広いと書かれているサイトもあり、どちらを信じればいいかわかりません。

A実は「MXtradeのスプレッドが広い」と「MXtradeのスプレッドが狭い」というのはどちらも真実です。

MXtradeには複数の口座タイプがあり、スプレッドが広い口座からスプレッドが狭い口座まで計4種類が用意されています。注意すべき点はスプレッドが狭い口座になるにつれて、初回入金額が高くなることです。

以下が各口座タイプの詳細になります。

 口座タイプ  ビギナー口座 シルバー口座  ゴールド口座  プラチナ口座
初回入金額  最低250ドル  最低5,000ドル  最低20,000ドル  最低100,000ドル
ドル円スプレッド  3.0pips~  2.0pips~  2.0pips  1.5pips
スプレッド方式 変動 固定
最大レバレッジ 400倍 100倍
ロスカット水準 証拠金維持率20%以下
プラットホーム MT4(Meta Trader 4)
最小取引単位 0.01lot(1,000通貨)

おそらく海外FX初心者をターゲットにしたサイトでは、高額な初回入金額の口座は向いてないという考えの下でビギナー口座に絞って「スプレッドが狭い」と評しているのでしょう。

シルバー・ゴールド・プラチナ口座は、投資資金が豊富な方や海外FX中上級者をターゲットにしているといえます。

最低約1000万円もの初回入金を要するプラチナ口座は、固定スプレッドでドル円スプレッド1.5pipsと、海外FX業者の中ではかなり優秀です。

QMXtradeの業者の信頼性についてご教授ください。

優秀な固定スプレッドのプラチナ口座(初回入金額1,000万円以上)を使いたいと思っています。高額の入金になるので信頼性が心配です。

AMXtradeの信頼性は決して高くないので高額の入金はオススメできません。

以下、MXtradeの信頼性の脆さについて解説します。

口座資金に信託保全が適用されない

高額入金の際にまずチェックすべき点は、【口座の資金が補償されるかどうか】です。

皆さんの入金した資金はイギリスのメガバンク「バークレイズ銀行」で分別管理されているので、MXtrade自体が破綻しない限り口座資金は安全といえます。

しかし、万が一業者が倒産してしまった場合に皆さんの資金が返ってくる保証はありません。海外のFX口座にたくさん入金しようと考えている方は、信託保全がついている業者を選択するようにしましょう。

信託保全付きの海外FX業者についてはこちらを参考にしてください。→分別管理だけじゃ不安…。信託保全がやっぱり安心。

取得ライセンスに権威性が薄い

健全な運営がなされているかの1つの目安となるのが、海外FX業者の取得ライセンスの【取得先】と【数】です。

ライセンス認定の審査が厳しい金融機関でライセンスを取得してるほど業者の信頼性は高く、複数のライセンスを取得しているほど多くの規制を受けながら運営されているといえます。

これらを踏まえてMXtradeのライセンスについて見ていきましょう。

 ライセンス取得数  1か国
 ライセンス取得先  ベリーズ(IFSC)

MXtradeは1か国のライセンスしか取得していません。ライセンス取得先もオフショアなベリーズで、他の海外FX業者が取得しているFCA(イギリス)、CySEC(キプロス)と比べるとライセンスの信頼性も劣ってしまいます。(→海外FX業者のライセンスについて詳しくはこちら

ライセンスという観点でも、MXtradeの信頼性を良しとするわけにはいきません。

運営期間がまだ2年足らず

たとえマイナーなライセンスしか取得していなくても、長年運営されていれば運営実績で業者の信頼性を判断できます。

しかし、MXtradeは2014年設立の新興ブローカーになります。発足してまだ間もないので、運営実績も乏しいのが現状です。

QMXtradeは2chでステマしてるって本当ですか?

A2chにステマのような投稿があったのは事実です。

【ハイレバ】海外FX業者スレというスレを拝見しましたが、MXtradeへの口座開設を煽るような投稿が見受けられました。

投稿の内容は豪華なクリスマスボーナスのお知らせMXtradeの高評価の口コミを引っ張ってきたもので、実際ステマだととらえられてもおかしくないものです。

ただ、ネットで叩かれるほど「しつこい」ステマではなかったように思います。実際に見てみればわかると思いますが、ステマのような投稿は3件だけで、それに対して周りが過剰に反応しているだけのように感じました。

数が少ないからといって、ステマはよろしいことではありませんが、そこまで騒ぎ立てるほどのことでもないのではないでしょうか。

Q「MXtradeはサポートからの電話がうるさい」という口コミをみましたが本当ですか?

A営業電話は結構うるさいです。

実際に管理人自身もMXtradeに口座を開設してから数日後、【+81345406708】(MXtradeサポートの電話番号)からの不在着信が1日3件ほど履歴に残っていたことがありました。

おそらくMXtradeはまだ利用している日本人トレーダーが少ないため、新規口座開設した日本人顧客を取り込もうと必死なのでしょう。

ただ、裏を返せばカスタマーサポートの日本人担当デスクの手が余っているということです。

サポートからの電話がうっとおしいと感じる方にとってはデメリットかもしれませんが、顧客1人1人に対する丁寧なサポートが受けられると考えるとメリットにもなりえます。

QMXtradeが金融ライセンス機関から警告を受けた経緯について詳しく知りたいです。

A警告を受けた経緯について説明します。

MXtradeは2015年に2か国の金融規制当局から警告を受けました。

警告を出したのはキプロスのCySECとイタリアのCONSOBで、警告内容としては「MXtradeはキプロスとイタリアの金融機関からの規制を受けていないので注意するように」とのことでした。

キプロス(CySEC)が警告するに至った理由

キプロスが警告を出した経緯は少し複雑です。

MXtradeの現在の運営元は【Lau Global Services】という会社ですが、2014年4月までは【R Capital Solutions】という投資会社が所有権を保有していました。

【R Capital Solutions】はCySECのライセンスを所有していますが、【Lau Global Services】は先ほど申し上げたようにベリーズの金融ライセンスしか取得していません。

このMXtradeの所有権変更や、それに伴ってMXtradeの規制ライセンスが変わったことを自国キプロスのトレーダーに喚起する意味でCySECは上記のような警告を出したのです。

イタリア(CONSOB)が警告するに至った理由

イタリアが警告するに至った理由は具体的にはわかりません。

ただ、MXtradeに関する苦情が自国の規制当局に多数寄せられたことが考えられます。

「MXtradeは自国の金融機関とは無関係だからトラブルの発生は自己責任。利用する分に責任は負えない。」というCOMBOSの立ち位置を示す声明だったのでしょう。

日本ではこのような警告はあるのか

MXtradeについてできる限り調査しましたが、今現在日本の金融庁はMXtradeに対して警告を行っているような事実はありません

本当にMXtradeに対して苦情がないのか、そもそもMXtradeを利用しているトレーダーがほとんどいないのかはわかりませんが、日本人トレーダーの方が上記の警告にそこまで敏感になる必要はないでしょう。

QMXtradeはどんなトレーダー向けの海外FX業者ですか?

A最後にこの質問に答える形で、MXtradeに対する【海外FX比較.com】の見解を総括したいと思います。

  • ボーナスが豊富
  • 信頼性がそれほど高くない
  • うっとおしいほどのサポート

この3点から、MXtradeは「手軽にハイレバ取引を試してみたい」海外FX初心者の方向けの業者であるといえます。

最大レバレッジ400倍は国内業者と比べると言うまでもなくハイレバレッジですし、100%入金ボーナスを利用すれば入金額が少なくてもある程度大きなポジションをとってハイレバ取引を体感できます。

初心者にとってはサポートもうっとおしいくらいが丁度いいかもしれません。

ただ少額入金となると使える口座はビギナー口座だけになるので、スプレッドなどのスペックが海外FX業者よりも劣ってしまうことはご了承ください。

注意点としては、スペックが高い口座を使いたいからといって高額な初回入金をするのは避けましょう。

現時点では信頼性の高い業者とはいえないので、資金がパーになってしまうような取り返しのつかないことになりかねません。

>>MXTRADEの口座開設はこちら<<

※MXTRADEは日本のマーケットから撤退をしました。2016年5月17日~

以上参考になりましたら幸いです。







海外FX比較.comのイチ押し海外FX業者はXM!
口座名 最大レバレッジ 日本語サポート ドル/円スプレッド 最小取引単価
888倍 1.0pips~ 100通貨

日本人トレーダー人気No.1!ボーナスも手厚い、ダントツおすすめの海外FX業者!

追証なしのゼロカットシステムを採用! 管理人が5年前からメインの海外FX口座として利用しているブローカー。 指標取引など値動きが大きい時間帯にも強いのが特徴! CFD、原油、金、株価指数など合計100銘柄以上の豊富な取引商品を取り揃える。
新規口座開設で全てのユーザーに30$の入金ボーナス 2017年5月限定!期間中のすべてのユーザーの入金額の100%をボーナス入金 +以降追加入金毎に+20%をボーナス入金2017年5月限定!100%入金ボーナスの詳細はこちら

kouzakaisetu XM(XEMarkets)の口座開設方法

カテゴリー