menu

海外FX業者は詐欺?出金拒否って本当にあるの?

海外FX業者にまつわる出金拒否の噂を耳にしたことがある方は多いでしょう。実はその噂、半分真実で半分はでっち上げです。

確かに海外FX業者の中に詐欺業者があるのは紛れもない事実ですが、一括りに全ての海外FX業者が詐欺業者であるというわけではありません

それではなぜ「海外FX全体が詐欺」のような雰囲気が蔓延しているのでしょうか?

そこには過去に特定のブローカーから出金拒否されたトレーダーの根強い恨みが孕まれています。海外FXでの出金拒否報告の不安が語り継がれて、海外FX全体にネガティブなイメージが植え付けられてしまっているのです。

当ページでは、海外FX業者全体が詐欺業者と叩かれている理由について解説するとともに、海外FXで詐欺や出金拒否にあわないためにどうすべきか解説していきます。

海外FX業者は詐欺業者だといわれるのはナゼ?

海外FX業者は無登録業者だから詐欺?

「海外FX業者は無登録業者だから危ない」

これが海外FXが叩かれている最大の根拠ですが、大きな勘違いです。

確かに海外FX業者が日本の金融庁の無登録業者に該当するのは事実ですが、そもそも海外FX業者は現状のサービス提供を維持し続ける以上、日本の金融庁に登録するのは不可能です。

FX取引について監視・規制をになっている金融先物取引業協会は公式ホームページで次のように記載しています。

fx2
引用元:一般社団法人 金融先物取式業協会ホームページ

「4%以上の証拠金が必要」だということは、言い換えると最大レバレッジが25倍以下である必要があるということです。

つまり、海外FX業者はレバレッジを引き下げない限り日本の金融庁から認可が下りることはありません

ただ、レバレッジを引き下げることになると海外FX業者最大のメリットである「ハイレバレッジによる抜群の資金効率」が消失してしまいます。

みなさんも最大レバレッジ25倍の海外FXには魅力を感じないことでしょうし、そもそも海外FX業者側も最大レバレッジを引き下げる気はさらさらないでしょう。

レバレッジ数百倍を提供する代償として、海外FX業者は今後も日本の「無登録業者」でありつづけることが濃厚です。

無登録業者を一括りにするのはナンセンス!性格には無登録業者には2パターン存在する

海外FX反対派は無登録業者を「日本の金融庁に登録していない金融業者」の総称として用いています。その点では確かに上記のように海外FX業者はすべて無登録業者です。

しかし、日本の金融庁に無登録だからといって一概に海外FX業者が危険だというわけではありません

実は日本の金融免許を有していない「無登録業者」にも以下の2パターンが存在します。

  • Aパターン:他国の金融ライセンスを取得している海外FX業者
  • Bパターン:全世界どこの国の金融ライセンスも取得していない海外FX業者

このAパターンとBパターンは業者としての安全度は全く異なるのに、「無登録業者」として一括りにして語られているケースが多く見受けられます。

Aパターン:他国の金融ライセンスを取得している海外FX業者

Aパターンの海外FX業者は当サイトで「ライセンスあり」と表記している業者になります。上述の通りレバレッジの関係から金融庁でライセンス認定されていませんが、他国の金融機関にしっかり登録・認可されているため、安全に利用できる海外FX業者です。

むしろ、日本の無登録業者であるという理由で次に説明するBパターンと一括りにされてしまっている「被害者」だと言えるでしょう。

世界的に見たら立派な「登録業者」です。

Bパターン:全世界どこの国の金融ライセンスも取得していない海外FX業者

真の詐欺業者が多いのは、無登録業者の中でもBパターンのどこの国のライセンスも取得していない「0ライセンス業者」です。

<利益が出ても出金できない>

<突然連絡が途絶え、ホームページが閉鎖された>

<サポートに連絡するも応答なし>

など、本当に悪質な詐欺業者は、ほとんどがこのBパターンの本当の意味で、無許可業者です。

このパターンに多い悪徳業者はあの手この手で顧客の入金を促し、出金拒否もしくわ倒産して顧客資金を持ち逃げするのが一般的になってます。

全世界どこの金融機関からも規制されていないわけですから、業者としてはやりたい放題です。

 

ちなみに、そのやりたい放題の典型的な例は運営資金と顧客資金の同一管理です。

ライセンスを取得している海外FX業者はその規制の下、業者の運営資金と顧客資金を別々に管理する分別管理や、信託保全が義務付けられていますが、そもそもライセンスを取得していない業者にはその必要がありません。顧客資金を経営資金に流用し放題なわけです。

 

また、顧客の入金を促す代表的な手法として極端に豪華なボーナスキャンペーンを実施していることが挙げられます。

ボーナスを餌に顧客の入金を集めて出金させないというのが悪徳海外FX業者の常套手段です。

一時期、2chのまとめ広告をつかった、海外バイナリーオプションの詐欺が大きな話題になりましたが、それらのほとんどはこのありえないほど豪華なボーナスキャンペーンをしていました。

世界のどこの国の金融ライセンスも取得していないのにやたらとボーナスが豪華な海外FX業者は、詐欺業者である可能性が極めて高いので気を付けましょう。

 

 

そもそもは、Bパターンの海外FX業者を避けることが、海外FXで出金拒否を回避するための第一条件です。

 

優良業者でも詐欺報告があるのはナゼ?④つの原因

0ライセンス業者を避けてしっかりとライセンス登録のある優良業者を利用したとしても出金拒否されてしまうケースは存在します。

実はその場合のほとんどは、クライアント側が取引ルールを守らない・出金方法を理解していないことが原因となっています。

 

原因①コンプライアンスやアンチマネーロンダリング絡みでの出金拒否

優良業者の出金拒否は、企業側のコンプライアンスに基づく正当な処置となっていることが多いです。

ここでは登録情報に洩れがあったり、口座情報と出入金先情報に相違があるなどのユーザーの手違いが原因になっています。

 

例えば、引っ越しなどで口座開設時の住所と出入金先の口座(Neteller)等の登録住所が異なる場合などは出金できません。

これはマネーロンダリング防止のための至極当然な措置ですので、逆に登録情報に漏れがある状態で出金できてしまう業者の方がいい加減ですね。

個人情報等の入力や管理には細心の注意を払いましょう。

原因②ボーナスを出金できるものと勘違いしている

ボーナスキャンペーンを実施している業者に多いのは、ボーナス絡みの出金トラブルです。

多くのブローカーの場合、キャッシュバックキャンペーン以外のボーナスは基本的に出金できません。ボーナスをリアルマネーとして出金できる業者でも、ある一定以上の取引をするという条件があります。

 

出金に必要な条件を満たさないまま、出金申請した金額にボーナス分が含まれている場合は、もちろん出金拒否されてしまいます。

海外FXで出金できるのは基本的に「入金額+利益」までになります。自分の口座残高の内ボーナス分がどのくらい含まれているのかは要確認です。

原因③ブローカー規定の取引ルールに違反

海外FX業者にはそれぞれ取引ルールが設けられています。

例えば、LANDFXではスキャルピングできるのは平常時の取引だけで指標発表時は禁止されていたり、XMではニュースタイム時の取引や回線遅延を利用したアービトラージ、業者をまたいで両建てでポジションをもつことを原則制限しています。

 

ユーザーにとって利益が出しやすいような取引手法を業者側が勝手に制限しているのは少し横暴な感じもしますが、これらの制限や業者自身やサーバーを守るために必要な処置です。

「郷に入りては郷に従え」で、自分が利用する業者のルールはしっかり守るようにしましょう。

ただ、禁止取引などを記載した利用規約は、長文で事細かく掲載されている上、業者によっては英語で記されている場合もあるので見落としてしまう方が多いかと思います。

もちろん利用規約にしっかり目を通すことに越したことはありませんが、出金トラブルが起こる前にあらかじめ自分の取引手法がルール違反じゃないかサポートに確認しておくのも1つの手です。

原因④出金方法に関するトレーダーの勘違い

海外FXの出金方法の仕組みを勘違いしていると、出金拒否されてしまう場合があります。

その中でも一番多いのはクレジットカードでの出入金に関するトラブルです。

 

恥ずかしながら実は私も一年ほど前に、クレジットカードへ出金しようとして出金拒否をくらってしまった経験があります。

当時私はXMを利用していました。

  1. クレジットカードにて10万円入金して取引
  2. 4万円程度の利益が出たのでとりあえず利益分をクレジットカードに出金
  3. その後入金額である10万円の出金を申請→ここで出金拒否されました。

何かの手違いかなと思い、次は8万円で出金してみましたがこちらも出金拒否。

正直詐欺業者にひっかかってしまったと思い、証拠用にキャプチャしていた画像が下記になります。

syukkinkyohi

これは、やられたか?と思いましたが、出金拒否から2時間後ほど、サポートから以下のメールが届きました。

いつもお世話になっております。

お問い合わせ頂き、誠に有難うございます。 確認いたしましたところ、お客様はすでにご入金元カードへのご入金額までの出金が
完了しておりますため、ご入金額以上となる金額に関しましては、カードへご出金いただくことができかねます。

利益分はお客様名義の銀行口座(海外送金)または電子財布口座(NetellerまたはMoneybookers)、XMカード(お持ちの場合)の
いずれかへご出金頂く必要がございます。

電子財布口座の場合500円から、出金可能でございます。

銀行口座へご出金頂く場合は、お客様名義の銀行口座(スイフトコードを持つ海外送金受け入れを行っている銀行、ただしゆうちょ銀行、楽天銀行を除く)への出金が可能となっており、最低出金額は20000円です。

大変お手数ですが、ご希望の場合は、上記いずれかの方法にて再度新たなご出金依頼をお出しいただけますようお願いいたします。

よろしくお願いいたします。

つまり、「クレジットカード出金は入金額までしか対応していない」ということです。

冷静に考えると、クレジットカード入金はショッピング枠をつかうので、入金額以上を出金できるわけはないですね。

 

私の場合、入金額は10万円だったので4万円は出金できましたが、差し引き残り6万円しかクレジットカード出金枠がないところで10万円と8万円の出金申請を出してしまったから出金拒否されてしまったというわけなんですね。

クレジットカード出金が入金額までに制限されているのは、以外に盲点になりやすいので気を付けましょう。

 まとめ

  • 海外FX業者が無登録業者なのは当然(無登録業者≠詐欺業者)
  • 真の詐欺業者が多いのは、世界的に見てもライセンス未所得の業者
  • 出金拒否は詐欺だけじゃない!取引ルールや利用規約には細心の注意を

日本では無登録業者に属する海外FX業者ですが、全てが詐欺業者なわけではではありません。レバレッジなどの関係上、日本以外でれっきとした金融ライセンスを取得している業者なら、詐欺業者である可能性は極めて低いと言えます。

また、ライセンス取得済みの優良業者でも出金申請が拒否されてしまうケースもあります。その場合は「やっぱり海外FXは詐欺だったんだ」と見限ってネットなどで拡散する前に、業者の言い分を真摯に受け止めて自分の取引や、入力情報を見つめ直しましょう。過去の例からみても、出金拒否報告の多くはユーザー側に落ち度がある場合が多いです。

ただ万が一理不尽な出金拒否だった場合でさえ、出金トラブル解決の主導権はブローカー側にあるので、本当に信頼できる業者で口座開設するようにしましょう!

本当に信頼・安心して取引できる海外FX業者はどこ?基準とおすすめブローカーを教えます

 

 







海外FX比較.comのイチ押し海外FX業者はXM!
口座名 最大レバレッジ 日本語サポート ドル/円スプレッド 最小取引単価
888倍 1.0pips~ 100通貨

日本人トレーダー人気No.1!ボーナスも手厚い、ダントツおすすめの海外FX業者!

追証なしのゼロカットシステムを採用! 管理人が5年前からメインの海外FX口座として利用しているブローカー。 指標取引など値動きが大きい時間帯にも強いのが特徴! CFD、原油、金、株価指数など合計100銘柄以上の豊富な取引商品を取り揃える。
新規口座開設で全てのユーザーに30$の入金ボーナス 2017年9月限定!期間中のすべてのユーザーの入金額の100%をボーナス入金 +以降追加入金毎に+20%をボーナス入金2017年9月限定!100%入金ボーナスの詳細はこちら

kouzakaisetu XM(XEMarkets)の口座開設方法

カテゴリー