menu

海外FXブローカー、TRADE VIEW(トレード・ビュー)の特徴・評判

TRADE VIEWのロゴ

今回管理人がレビューする海外FX業者はTRADE VIEWというブローカー。

2004年創業の比較的古いブローカーですが、「知る人ぞ知るブローカー」という感じでネット上でTRADE VIEWを紹介しているページはほとんどありません。

結論からいうとTRADE VIEWは「海外FX中上級者の方に特にオススメ」です。

  • 初回入金10万円以上しないと口座のスペックが下がる
  • 日本語対応・日本人向けサポートが手薄

以上の二点から、「これから手軽に海外FXを始めよう」くらいの人には敷居がやや高く感じてしまうかもしれません。

トラブルの際に日本語で対応してもらえないので「英語ができなくても大丈夫」という安心感もありません。

 

しかし現在すでにほかのブローカーで取引しているような豊富な海外FX経験がある方にとっての「口座の乗り換え先」としてはアリだと思います。

特にスキャルピングをメインで取引している方はTRADE VIEWに乗り換えることで、トレード環境をグレードアップできる方が多いでしょう。

 

口座開設はこちらからTRADE VIEW公式サイト

 TRADE VIEWの口座開設方法【画像付き】

 

スキャルピング口座の乗り換えにオススメ TRADE VIEWのECN口座

ECN口座 イメージ

現在他の海外FXブローカーでスキャルピングメインで取引している方はTRADE VIEWのECN口座に乗り換えの余地があります。

  • 「スプレッド+取引手数料」が安い
  • プラットホームはMT4とctraderから選べる
  • 約定は安定かつスピード感がある

海外FX業者の中では取引コストが最安値で、ECN方式の下、安定した高速約定環境が整っています。
ECN取引のメリットを最大限引き出してくれるctraderプラットホームにも対応しているので、質の高いスキャルピング環境が用意されていると言えるでしょう。

 

取引コストが安い

ECN口座の取引コストは「スプレッド+手数料」。ブローカーが上乗せしていない0.0pips~の低スプレッドで取引できる代わりに、別途ブローカーに直接支払う手数料が発生します。
(ECN口座についてあまり詳しくない方は、まずこちらで特徴や手数料の仕組みを確認してください。→海外FXのECN口座について

管理人が知っている限り、取引コストが安くつく他の海外FX口座2つ(LANDFX【LIVE口座】, Axiory【ナノスプレッド口座】)と主要通貨ペアで取引コストを比較してみました。(参考:海外FX本当のスプレッド比較ランキングでLANDFXは1位、Axioryは2位)

通貨ペア TRADE VIEW LANDFX Axiory
取引手数料 取引1回あたり0.5pips 手数料なし 取引1回あたり0.6pips
米ドル/円 0.3pips(0.8pips)  0.8pips(0.8pips  0.4pips(1.0pips)
ユーロ/米ドル 0.1pips(0.6pips)  0.8pips(0.8pips)  0.4pips(1.0pips)
ポンド/ドル 0.7pips(1.2pips)  1.2pips(1.2pips)  1.0pips(1.4pips)
ユーロ/ポンド 0.3pips(0.8pips)  1.1pips(1.1pips)  1.5pips(1.9pips)
ドル/スイスフラン 0.6pips(1.1pips)  1.2pips(1.2pips)  1.0pips(1.4pips)

※変動スプレッドのためスプレッドはすべて平均値、カッコ内が「平均スプレッド+手数料」の取引1回あたりのトータルコストです。

スプレッドランキング1位のLANDFXよりも低コストなのは正直驚きました。また同じECN方式のAxiory「ナノスプレッド口座」と比べてみると、ここで取り上げたすべての通貨ペアでTRADE VIEWの方が安く抑えられています。

それ以外の口座を使っている方も、TRADE VIEWより取引コストが安い口座をお使いの方はほとんどいらっしゃらないでしょう。

TRADE VIEWのECN口座に乗り換えれば取引コストを節約できますね。

 

プラットホームはctrader対応。もちろんMT4もOK。

ctrader

TRADE VIEWのECN口座は以下の3種類から取引プラットホームを選べます。

  • MT4
  • ctrader
  • CURRENEX

海外FXの主流プラットホームであるMT4に対応しているのはもちろん、ECNに特化した最先端プラットホームctraderも選ぶことができます。

CURRENEX(カレネックス)は裁量取引に適したプラットホームですが、MT4に比べると海外FXで普及していないのに加え、特にECNに特化しているというわけでもないで、選択肢から外してもかまいません。

現在EAを使って自動売買している方はMT4口座の方を開設するといいでしょう。ctraderで同じEAを使おうとすると、言語を変換して設定しなおす必要があるので面倒です。

特にEAを使わず手動でスキャルピングしている方はぜひctrader口座の方を開設してみてください。

チャート上からのワンクリック注文などのMT4のメリットそのままで、デフォルトで板情報を見ながら取引できます。

またctraderの構造上、インターバンクの生の価格しか表示されません。ブローカーがスプレッドを上乗せできるように作られたMT4よりも、トレーダーにとって有利な価格であることが証明されています。(参考:海外FXのctraderについて

今のところctraderを使えるブローカーはまだ少ないのが現状です。TRADE VIEWは取引コスト最安値レベルでctraderが使える貴重な存在だといえるでしょう。

 

スピード感がある約定

エクイニクス社ロゴ

TRADE VIEWの取引サーバーはエクイニクス社のデータセンター「NY4」に設置されています。

海外FXに詳しい方はご存知かと思いますが、エクイニクスといえば世界的に見て屈指のサーバー強度を誇るデータセンター
大きな金融機関や投資ファンドがこぞってサーバーを設置しています。

約定のスピード感・安定感は正直言うことありません。実際に管理人自身も1時間程度スキャルピングに使ってみましたが、スリッページは気になりませんでた。

インターバンクの生の価格に高速で注文がぶつけられるので、取引コストでもスピード感もストレスを感じる部分がありません。

 

口座開設はこちらからTRADE VIEW公式サイト

 TRADE VIEWの口座開設方法【画像付き】

 

ECN口座その他スペック詳細 資金効率が物足りないか…

最大レバレッジ 100倍
ロスカット水準 100%
初回最低入金額 1000ドル(10万円相当)
最小取引単位 0.1 lot(1万通貨)
口座通貨 USD / EUR / GBP / JPY
両建て
スキャルピング
EA(自動売買)

最大レバレッジが100倍に抑えられているのは少しネックですね。
他の海外FXブローカーのように「レバレッジ400倍でハイレバスキャルピング」とはいきません。

また証拠金維持率が100%を下回ると強制ロスカットされるので、口座資金いっぱいにレバレッジをかけてポジションを持つのも不可能です。ポジションを持った瞬間にスプレッド分でロスカットされてしまいます。

口座資金が豊富にないと大きなポジションを持つことができないので、資金効率は少し物足りないかもしれません。

初回の最低入金額が10万円であることを考えると、少額入金で大きなポジションを持ってハイレバスキャルピングするというよりも、口座にまとまったお金を入金して実質レバレッジ(※)を抑えながらコツコツ利幅を抜いていくのに適しています。

【補足】実質レバレッジについて

実質レバレッジとは口座残高を基準に考えたときのレバレッジのこと。
例えばレバレッジ100倍の設定で口座に10万円入金してで、ドル円(100円/ドル)5万通貨のポジションを持つ場合を考えます。
レバレッジ100倍なので必要証拠金は5万円。口座資金のうち、半分を担保にしてポジションを持っている状況ですね。
実際にはレバレッジ100倍でポジションを持っていますが、口座資金を基準に考えると10万円の資金で5万通貨のポジションを持っていることになるので、実質レバレッジは50倍です。

 

初回入金10万円に値する信頼性はあると判断

前述したとおり、ハイスペックなECN口座の初回入金は10万円から。1万円程度なら何も考えずに入金できる方が多いと思いますが、桁が1つ増えるとなると考えものですね。信頼できる業者じゃないと快く入金できないと思います。

「TRADE VIEWは10万円入金するのに値する海外FXブローカー」だと思うのが管理人の所感です。実際に管理人も「ここなら安心できる」と思って入金してみることに決めました。

  • ケイマン諸島のライセンスに登録している
  • トレーダー資金の分別管理が徹底している

この2つの理由から、TRADE VIEWはある程度信頼できるブローカーだと判断しました。

※信頼性に関してはあくまで管理人個人の感想です。いかなるトラブルを生じても当サイトでは一切責任を持ちません。

 

ケイマン諸島のライセンスに登録している

ケイマン諸島ライセンス

TRADE VIEWが登録しているのはケイマン諸島という国の金融庁。

おそらく名前すら聞いたことのない国のライセンスだと思いますが、他のマイナーな国でライセンス登録しているブローカーとはわけが違います。

実はケイマン諸島は世界中の大手金融機関の支店が集まる金融大国です。もちろん支店誘致の理由は税金面の優遇(タックスヘブン)が大きいとは思いますが、規模が大きい分ケイマン諸島の金融庁も目を光らせています。

その証拠にFAFT(金融活動作業部会※)の調査ではケイマン諸島ライセンスの評価はアメリカに次ぐ第5位。登録が厳しい金融機関FCAがあるイギリスよりも上位にランクインしています。

FAFT(金融活動作業部会)のランキング

(※FAFTが定める49の基準のうち、多くの基準を満たしている金融庁・金融規制機関がある国の方が上位にランクインしています)

海外FXブローカーの中でも信頼性は高い方だといえます。

【FAFT(金融活動作業部会)とは?】FAFTはマネーロンダリング防止を掲げて発足した国際的な金融調査機関のこと。「資金管理のリスクをケアしているか」「怪しいお金の動きはないか」について各国の金融状況を監視・調査しています。参考:金融活動作業部会(FATF)の概要

 

分別管理の徹底

トレーダー資金と会社の運営資金は別々に管理しています。

トレーダーの資金の保管先はアメリカの4大メガバンクの1つに数えられる「ウェルズ・ファーゴ銀行」のロンドン支店。実際に海外銀行の送金先を見てみましたが、間違いありませんでした。

分別管理先の詳細情報

またトレーダーの資金を管理しているのはTRADE VIEWではありません。FundAdministration Incという外部の第三者の会計機関に資金管理を任せています。

「○○万円まで資金を補償します」という信託保全はありませんが、TRADE VIEWがつぶれない限りトレーダーの資金は安全に守られるでしょう。

どうしても不安な方は口座に資金を預けっぱなしにせず、利益が出たらこまめに出金するようにしてください。

口座開設はこちらからTRADE VIEW公式サイト

 TRADE VIEWの口座開設方法【画像付き】

 

TRADE VIEWは初めての海外FXにはやや不向きか

冒頭でも触れたように、TRADE VIEWは海外FX初心者の方が利用するのはやめておいた方がいいでしょう。

一番の懸念点が日本語サポート。

一応メールなら日本語で問い合わせることができますが、電話やライブチャットには対応していないのでサポートとのリアルタイムのやり取りは期待できません

 

TRADE VIEWの日本人向け対応は少しイマイチ。

口座開設は日本語に対応していますが、公式ホームページの日本語対応が中途半端です。

たしかにTOPページは日本語に対応していますが、スプレッドや口座タイプなど細かなところは英語のままになります。正直「取り急ぎ作った感」が否めません。

おそらく日本人スタッフの数が少ないのが原因でしょう。

サポートも日本語でやりとりできるのはメールのみで、電話はおろかライブチャットすら用意されていません。

TRADE VIEWの日本人向けサービスはまさに「最低限」という印象です。

 

初回入金1万円~の口座は微妙か・・・。

ただし、初回入金1万円~のスタンダード口座は悪くないスペックです。

 

前提としてTRADE VIEWは入金ボーナスを用意していません。

AXIORYTitanFXなどと同様に、「ボーナスを用意するよりも、スプレッドを狭くしてトレーダーに還元する」というのがTRADE VIEWのスタンスなのでしょう。

 

その分、スタンダード口座でもハイレベルなスプレッドを提供しています。

【スタンダード口座の主要通貨ペア平均スプレッド】

通貨ペア スプレッド
米ドル/円 1.5pips(平均値)
ユーロ/円 1.1pips(平均値)
英ポンド/円 3.3pips(平均値)
豪ドル/円 5.1pips(平均値)
ユーロ/米ドル 0.9pips(平均値)
豪ドル/米ドル 1.6pips(平均値)
ポンド/ドル 1.4pips(平均値)

ドル円に関しては、他ブローカーより広めですが、この水準はかなり高水準と言えます。

業者名 ドル円平均スプレッド
LANDFX 0.8pips
TitanFX 1.2pips
Traders Trust 1.3pips
Axiory 1.3pips
TRADE VIEW 1.5pips
Fxpro 1.7pips
iForex 1.8pips
XM 2.0pips
業者名 ユーロドル平均スプレッド
LANDFX 0.8pips
TitanFX 0.8pips
TRADE VIEW 0.9pips 
Traders Trust 1.2pips
Axiory 1.5pips
Fxpro 1.8pips
iForex 1.8pips
XM 1.8pips

特にユーロ絡みのスプレッドは優秀だと思います。ユーロ/ドルのスプレッドは1pipsを切っていますからね。

ただし、ロスカット水準が100%というのがネック。

正直、わざわざスタンダード口座を開設する価値はないかなーというのが、正直な感想です。

TRADE VIEWのスタンダード口座よりもスプレッドが狭いブローカーがあるのも事実です。例えばLANDFXならドル円・ユーロドルともに平均0.8pipsのコストで取引できます。※LANDFXは期間限定で100%入金ボーナスまで実施中です。初回入金も1万円からでOK→LANDFXの管理人によるレビュー

スタンダード口座のスペック詳細

最大レバレッジ 400倍
ロスカット水準 100%
初回最低入金額 100ドル(1万円相当)
最小取引単位 0.01 lot(1000通貨)
口座通貨 USD / EUR / GBP / JPY
両建て
スキャルピング
EA(自動売買)

 

TRADE VIEWの統括

TRADE VIEWは何かしらの不安を抱えて海外FXに挑む方よりも、稼ぐためにより良い取引環境を求めているトレーダーにおすすめです。

口座を開設するなら間違いなくスタンダード口座よりもECN口座

日本語サポートは最低限でOKで、初回で10万円以上入金できるような海外FX中上級者向きの口座です。

資金効率は少し物足りないかもしれませんが、ECN方式のクリーンな取引環境で高速約定・低コストのスキャルピング取引できる環境が用意されています。

口座開設はこちらからTRADE VIEW公式サイト

 TRADE VIEWの口座開設方法【画像付き】

 

正直海外FX初めての方はTRADE VIEWのスタンダード口座を利用する旨みはないでしょう。少額入金で取引するなら、スペックがイマイチのスタンダード口座になってしまいますからね。

スプレッドを重視するにしろ、ボーナスを重視するにしろ他のブローカーを考えてみるべきです。今なら「100%入金ボーナス×低スプレッド」のLANDFXがちょうどいいのではないでしょうか。(※100%ボーナスは期間限定です。)

 

会社情報詳細

項目 詳細
正式名称 Tradeview Ltd.
本社所在地 Grand Cayman, KY1-1108,94 Solaris Avenue. Suite 1348 Camana Bay,
Cayman Islands
ライセンス/登録地 CIMA(ケイマン諸島金融庁) ライセンス番号:585163
創業 2004年
顧客資金の預託 分別管理(ウェルズ・ファーゴ銀行)FundAdministration Inc管轄

入金情報詳細

入金方法 着金スピード 手数料
海外銀行送金 1~2営業日 最低4000円※
クレジットカード
(VISA,MASTERCARD)
即日 無料
NETELLER,SKRILL 即日 無料
Uphold 即日 無料

出金情報詳細

出金方法 着金スピード 手数料
クレジットカード
(VISA,MASTERCARD)
24時間以内 無料
NETELLER,SKRILL 24時間以内 無料
海外銀行送金 2~5営業日 XM側の手数料のみ負担※

カテゴリー