menu

XM(エックスエム)の評判・追証・特徴

XM(エックスエム)

海外FX界の王者とも評判のXM(XEMarkets)。TradingPoint(トレーディングポイント)がトレード環境のさらなる高みを目指して、2012年にリニューアルしたFXブローカーです。最大レバレッジ888倍で約定率100%と取引の環境が優れている当サイトの海外FX業者おすすめNO.1です。
口座開設はこちらから→XM公式サイト
XM(XEMarkets)の口座開設方法

管理人がXMを1番オススメする理由

XMの公式ホームページ

何を隠そう管理人が初めて口座を開設した海外FXブローカーがXMです。

その後も約30近くの海外FXブローカーで取引してきましたが、業者の力を総合的に判断してXMに勝るブローカーには未だ出会っていません。

  • 約定力がダントツで高い
  • 追証なしのゼロカット対応で最大レバレッジは888倍
  • 入金ボーナスが豪華で、口座を開設するだけでも3000円もらえる
  • 「『脱』海外業者」と言わんばかりの日本語対応
  • 出入金が便利で使いやすい

このように「とにかくメリットが多い」ので日本人トレーダーの方が取引しやすいブローカーNo.1といっても過言ではありません。

海外FX初めての方から経験豊富な方、スキャルピングトレーダーからデイトレーダーの方まで、取引経験や取引スタイルに関係なく幅広い方におすすめできます。

口座開設はこちらから→XM公式サイト
XM(XEMarkets)の口座開設方法

①約定力には絶対の自信あり!無料でVPSまで利用でできる

XMの強靭な約定力の根拠

管理人はFX取引で一番重要なのは約定力だと考えています。どれだけスプレッドが狭かろうが、自分が注文した時の価格で注文が処理されないと意味がありませんからね。

注文が滑ってしまうと本当なら抜けていたはずの利幅が小さくなってしまいます。有利なスリッページならまだしも、トレーダーのとって不利なスリッページやリクオートが連発するようなところは論外です。

私が最初にXMに目を付けたのは、公式ホームページに乗っている「オーダー執行率100%、99.35%の注文が1秒以内に処理される」という強靭な約定力が理由でした。

半信半疑で実際に取引してみましたが、おそらくこの約定実績に間違いはありません。
平常取引のスリッページが気になったことはほとんどないのに加え、値動きが大きな時間帯(雇用統計などの重要指標発表や要人発言)にもめっぽう強い安定感があります。

高い約定力は「稼げる手法」を使って取引する時に頼りになる!

抜群の約定力を誇るXMは「取引チャンスが来た時にピンポイントで取引する」ような勝率の高い取引手法との相性抜群です。

エントリーしたいときにエントリーして決済したいときに決済できるので、取引の勝率があがります。

以下3つの取引手法について、実際にXMの口座を使って利益を上げることができました。

どれも海外FX初めての方でもとっつきやすい手法なので、XMで口座開設したあかつきにはぜひ試してみてください。

無料でVPS(仮想サーバー)が利用できる!約定力さらにUP!

XMの無料VPS特徴

XMでが取引条件を満たせば無料でVPSという仮想サーバーを使わせてもらえます。

XMがサーバーを設置しているのと同じロンドンのデータセンターでMT4を起動させることができるので、通信速度が約30倍上昇0.001秒の高速通信でさらなる約定力UPが期待できます(←VPSなしだと日本のサーバーからロンドンのXMサーバーに通信することになるので、タイムラグが生じてしまう場合がある)

また自分のPCを消してもVPS上でMT4を起動させ続けることができるので、EAを用いた自動売買メインの方は電気代やPCの消耗を抑えることができます。サーバートラブルに強いのも特徴です。

XMのVPS利用条件は以下の通り。

  • 口座残高5000ドル以上
  • 5lot/月以上の取引量

「条件をクリアするのが難しいな…」という方は、毎月28ドル(3000円程度)払えばVPSを利用できます

毎月1.5GBまで通信できるハイスペックなVPSサーバーで、海外業者BeeksがFX取引専用で用意しているもの。直接Beeksと契約するよりも安くつきます。(直接契約なら、同スペックで月4750円

料金は口座残高から勝手に引き落としてくれるので支払いも楽チンです。

XMで口座を開設するなら、あわせてVPSも利用してみてください。

(参考:海外FXでVPSを使うメリットは?

②ゼロカットシステム採用で追証なし!レバレッジは最大888倍まで利用できる

XMのゼロカットシステム

XMで取引すれば、どれだけ負けても口座に入金した金額が0になるだけ。口座残高がマイナスになっても全部チャラにしてもらえます。

仮に3万円入金して、100万円マイナスになったとしても、取引の損失額は入金した3万円だけです。それ以上の損失はXMが肩代わりしてくれます。

1分間で1500pips以上「スイスフラン」が暴落したスイスフランショックの際にもいち早く対応し、トレーダーの口座を守ってくれました。XMのゼロカットシステムは実証済みです。

レバレッジ888倍の威力はどれくらい?

ゼロカットシステムがあるおかげで、自分が破滅しない範囲の安全圏でハイレバ取引できることがわかりました。

ただ「最大レバレッジが888倍」と言われてもピンとこない方が多いのではないでしょうか?

今まで最大レバレッジ25倍の国内FXで取引していた方はもちろん、他の海外FX業者でもこれほど高いレバレッジを許しているところはありませんからね。

次の表をみてください。国内FX業者や、最大レバレッジ500倍の海外FX業者と10万通貨(1lot)持つのに必要な証拠金を比べてみました。

業者(レバレッジ) 10万通貨(1lot)の必要証拠金
XM(レバレッジ888倍) 約1350円
FxPro(レバレッジ500倍) 約2400円
国内業者(レバレッジ25倍) 約48000円

※1ドル100円の為替レートで、ドル円10万通貨のポジションを持つのに必要な証拠金を計算しています。

10万通貨のポジションで10pipsの利幅を抜けば、得られる利益は10000円。1350円の資金があれば、理論上は短い時間で資金の10倍近く稼げるので資金効率は抜群です。

(※決して1350円入金してフルレバで10万通貨のポジションを持つことを勧めているわけではありません。わずか1pipsも逆行しないうちにロスカットされてしまうので、勝率はかなり低くなってしまいます。あくまで「これくらいの担保でこれくらい利益がでる」という目安だと考えてください。)

また大きなポジションを持つのに必要な証拠金が少なくて済むので、複数のポジションを持つ場合でも1つ1つある程度大きなポジションを持てるというメリットもあります。

(参考:海外FXの必要証拠金は驚くほど少なくて済む

③口座開設だけで3000円ボーナス!入金すれば口座残高が2倍に!

XMのボーナスキャンペーンは海外FX業者の中で群を抜いて豪華です。

  • 3000円の未入金・口座開設ボーナス
  • 100%の入金ボーナス(最大500ドル)

3000円の未入金・口座開設ボーナス

XM口座開設ボーナス

まず口座を開設するだけで3000円分の「お試し取引」用の資金がもらえるのがポイント。デモ口座を経由せずに、いきなりリアル口座を開設して「投資0・リスク0」で取引できます。

利益に関しては条件なしで出金できるので、1円も入金せずにまとまった利益を上げられるかもしれません。(ちなみに管理人が最初に取引した時は3000円あっという間になくなりました…)

 

100%の入金ボーナス(最大500ドル)

XM入金ボーナス

口座開設ボーナスもうれしいですが、XMが本腰を入れているのはこっち。入金した金額に対して100%のボーナスを受けることができます。(最大500ドル、5万円相当

隠れ条件一切なしで入金した瞬間にボーナスが反映されるので、入金額の2倍の口座残高からのスタートです。5万円入金すれば、口座残高がいきなり倍の10万円になります。

さらに100%入金ボーナスを5万円分もらいきっても終わりではありません。ボーナス総額が最大で5000ドル(50万円相当)になるまで、継続して20%分(入金額の5分の1)のボーナスがもらえます

ただ口座から1度でもお金を引き出してしまうと、ボーナスがすべて無効になってしまうので気を付けてください。

「いくら入金したらいくらボーナスがもらえるか」など入金ボーナスについて詳しくはこちらの記事から確認してください。→今ならXMでの取引が超オトク!期間限定キャンペーンで入金ボーナス100%!

口座開設はこちらから→XM公式サイト
XM(XEMarkets)の口座開設方法

④「海外業者感」を感じさせない見事な日本語対応

XMは「海外の業者」とは思えないほど、日本語対応が進んでいます。公式サイトは自然な日本語で作られているので、ただ翻訳サイトに当てはめただけのような「見せかけの日本語対応」とはわけが違います。

さらにXMのサポートデスクには総勢11名の日本人スタッフがスタンバイしています。

メールやライブチャットを通じて日本語で問い合わせたら、ちゃんと日本語で返信をもられるので、英語が苦手な方でも安心です。どうしてもサポートと直接話したい場合は、メールやライブチャットからコールバックをお願いすることもできます。

口座開設当初、管理人もXMのサポートには助けられました。なんせMT4を使うもの初めてでしたからね。

MT4の使い方について何度もライブチャットで問い合わせましたが、5分もしないうち返事をくれた記憶があります。

XMの日本人向けサポート詳細

問い合わせ方法 受付時間 問い合わせ先
メール 24時間対応 support@xmtrading.com
ライブチャット (平日) 午後 4:00 ~ 午前 0:00 (日本時間) 公式ホームページ
コールバック (平日) 午後 4:00 ~ 午前 0:00 (日本時間) メール・ライブチャット

⑤ストレスフリーな出入金!手数料もXMが負担してくれる!

XMは出入金の手軽さもピカイチ。

  • 入金は国内銀行振り込みに対応
  • 出金の銀行送金は手数料を負担してくれる

出入金1つとっても「日本人トレーダーの利用しやすさ」を追求している姿勢が伺えますね。

XMに限っては「海外FXは入金や出金に手間がかかりそう…」というイメージは払拭してください。

XMの入金方法詳細

XMの入金方法は以下の3通りです。

  • クレジットカード
  • 電子決済サービス(Neteller, skrill)
  • 電信送金(国内銀行振り込み)

注目すべきは国内銀行振り込みに対応していること。「国内銀行→XMの口座」にかかる手数料はXMがすべて負担してくれるので、銀行振り込みの手数料(108円~516円)しかかかかりません。
振り込みが確認できてから24時間以内に入金が口座に反映されるので、わりとスピーディーに入金できます。

クレジットカードをお持ちでない方、海外業者にカード番号を教えるのに抵抗がある方でも国内銀行振り込みを使えば手軽に入金できそうですね。

またクレジットカードや、Netellerなどの電子決済サービスを利用すれば入金が即座に反映されます。

「ロスカットを避けるために緊急的に入金 したけど、口座への反映が遅くて結局間に合わなかった…」なんてことはXMでは起こりえません。

それぞれの入金方法の詳細情報は以下の通りです。

入金方法 着金スピード 手数料 1回の最低入金
国内銀行送金 24時間以内 国内銀行への振り込み手数料(108円~540円) 5ドル~
クレジットカード
(VISA,Mastercard,Maestro)
即時 無料 5ドル~
Neteller,Skrill 即時 無料 5ドル~

XMの出金情報詳細 

  • クレジットカード
  • 電子決済サービス(Neteller, skrill)
  • 電信送金(海外銀行送金)

XMは上記3つの出金方法を用意しています。

海外FXの出金方法で注目すべきは海外銀行送金です。

NetellerやSkrillの口座を持っているならまだしも、クレジットカードで入金した方は入金額以上の出金が海外銀行送金扱いになってしまいますからね。なにかと使うことになる出金方法です。

XMの海外銀行送金の特徴は、送金手数料の一部を業者が負担してくれること。

「送金手数料が全部トレーダー持ち」の海外FXブローカーよりも、毎回2500円程度安く出金できます。

それぞれの出金方法の詳細情報は以下の通りです。

出金方法 着金スピード 手数料 1回の最低出金可能額
クレジットカード
(VISA,Mastercard)
24時間以内 無料 5ドル~
Neteller,Skrill 24時間以内 無料 5ドル~
海外銀行送金 2~5営業日 XM側の手数料のみ負担※ 5ドル~

※海外送金は「XM→中継銀行→トレーダーの銀行口座」の順でお金が移動します。
「XM→中継銀行」の手数料(2500円程度)はXMが負担してくれるので、「中継銀行→トレーダーの銀行口座」の手数料(最低4000円)だけで送金してもらえます。

3種類の中から選べる口座タイプ!口座開設するならスタンダード口座がオススメ

XMでは個人トレーダー向けに3種類のMT4口座を用意しています。

  • マイクロ口座
  • スタンダード口座
  • ZERO口座

結論からいうと、XMで口座を作るならスタンダード口座が一番おすすめです。

【XMが一番おすすめな理由】でも紹介したXMのメリットを最大限引き出しているのがスタンダード口座。他の口座ではレバレッジなどの取引条件が制限されてしまいます。

以下が3種類の口座タイプのスペック一覧です。

 口座タイプ マイクロ スタンダード ゼロ
基本通貨 USD, EUR, GBP,
JPY, 他7種類
USD, EUR, GBP,
JPY, 他7種類
USD, EUR, JPY,SGD,ZAR
1lotの単位 1,000通貨 10万通貨 1,000,000通貨
最大取引サイズ 100lot(10万通貨) 50lot(500万通貨) 50lot(500万通貨)
最小取引サイズ 0,01lot(10通貨) 0.01lot(1000通貨) 0.01lot(1000通貨)
通貨ペア 57種類 57種類 56種類
CFD取引 可能(42銘柄) 可能(42銘柄) なし
貴金属取引 可能(5種類) 可能(5種類) 可能(2種類)
スプレッド(ドル円) 1.8pips(平均値) 1.8pips(平均値) 1.1pips(平均値)
手数料 なし なし あり(往復取引5ドル/lot)
最大レバレッジ 888倍 888倍 500倍
最低入金額 5ドル(500円相当) 5ドル(500円相当) 200ドル(2万円相当)
ボーナス対応 あり あり なし
注文方式 STP(NDD) STP(NDD) ECN(NDD)

1000通貨未満の取引をするならマイクロ口座もアリ

マイクロ口座とスタンダード口座は取引できるポジションの大きさが違います。

スタンダード口座は1000通貨~500万通貨の幅で注文を出せる一方で、マイクロ口座は10通貨~10万通貨。持てるポジションサイズの最大と最小がそれぞれ小さくなっています。

小さなポジションで取引すれば、負けてもかすり傷程度なので、FXの取引経験浅い方はマイクロ口座を使ってみてもいいかもしれません。

ただ海外FXの一番の醍醐味は「ハイレバレッジを効かせて大きなポジションが持てること」です。

国内FX経験がある方や、ある程度海外FXをかじったことがあるくらいの方なら、取引の上限が煩わしく感じてしまうと思います。

スタンダード口座でも1000通貨からの少額取引ができるので、初めからスタンダード口座を開設しておいて問題はないでしょう。

スプレッドを重視するならZERO口座もアリ

XMのZERO口座スプレッド

XMのスタンダード口座はお世辞にもスプレッドが狭いとは言えません。
ドル円のスプレッドが平均で1.0pipsを切る海外FXブローカーもある中で、スタンダード口座のドル円平均スプレッドは2,0pips。むしろ海外FXブローカーの中ではスプレッドが広い部類に入ります。

その弱点を補ったのがZERO口座です。
ZERO口座ではその名の通り、最小「ZERO(0)」からの変動スプレッドで、取引手数料を加味してもスタンダード口座と比べて0.7pips程度取引コストを抑えられます。

以下スタンダード口座(マイクロ口座も同じ)とZERO口座で主要通貨ペアの平均スプレッドです。

通貨ペア スタンダード口座 ZERO口座
米ドル/円 2.0pips(平均値) 1.1pips(平均値)
ユーロ/円 2.7pips(平均値) 1.6pips(平均値)
英ポンド/円 4.0pips(平均値) 2.1pips(平均値)
豪ドル/円 4.7pips(平均値) 2.0pips(平均値)
ユーロ/米ドル 1.8pips(平均値) 1.1pips(平均値)
豪ドル/米ドル 2.6pips(平均値) 1.6pips(平均値)
ポンド/ドル 2.2pips(平均値) 1.4pips(平均値)

※ZERO口座は取引手数料(往復取引1.0pips) を加味したトータルの取引コストを記載しています。

ただ ゼロ口座はスタンダード口座と比べてかなり取引の自由度が下がってしまうのがネックです。

  • レバレッジが最大200倍(⇔スタンダード口座は888倍)
  • CFD取引ができない(⇔スタンダード口座は可能)
  • 初回入金が200ドル~(⇔スタンダード口座は5ドル~)

さらに一番痛いのが、ボーナスがもらえないこと。ボーナス目当てでXMでの取引を考えている方は口座を開設するべきではないでしょう。(3000円の口座開設ボーナスには対応しています。)

とはいえスキャルピングトレーダーのような短期売買を繰り返す方にとって、スプレッドの狭さは肝になります。

また利益が出たらこまめに出金しようと考えている方は、口座開設ボーナスをもらうメリットが薄れてしまいます。上述したように、取引条件を満たさないまま出金するとボーナスが無効になってしまいますからね。

  1. スキャルピングトレーダー
  2. 取引資金が豊富でボーナスがいらない方
  3. 利益が出たらこまめに出金したい方

この3つの当てはまる方はぜひZERO口座を利用してみてください。

口座開設はこちらから→XM公式サイト

XM(XEMarkets)の口座開設方法

XMのZERO口座について詳しくはこちら

 

ただXMのZERO口座のスプレッドは当サイトのスプレッドランキング第5位に甘んじています。できるだけスプレッドが狭い業者で取引したいとお考えの方は他の海外FXブローカーに目を向けてみてもいいかもしれません。

海外FX本当のスプレッド比較ランキング2016年版

 信頼性が下がりつつあるのが唯一の懸念材料

(※他のサイトでは言及されていませんが、当サイトではXMのありのままを包み隠さずお伝えします。)

以前までXMは「最難関のFCAライセンスに登録」「登録ライセンス11つ」「2万ユーロ(約250万円)までの信託保全アリ」など抜群の信頼性を誇っていました。

ただ最近になって少し信頼性が揺らぎ始めています。

現在規制が緩いライセンス1つだけ

XMのライセンス登録

現在登録しているのはセーシェルという国の金融機関のライセンス1つだけ。登録も簡単で、規制もそれほど厳しくありません。

ただXMの場合「ポッと出の新興ブローカーがマイナーなライセンスに登録して運営している」のとはワケが違います。

XMには2012年からコツコツ信用と実績を積み重ねてきたバックボーンがありますからね。トレーダー資金保護のノウハウもしっかり刻みこまれているはずです。

ライセンスが厳しくなくなったからといって、急に好き放題するような悪徳ブローカーではないでしょう。

信頼性については賛否両輪分かれるところもありますが、今のところは出金拒否などの具体的な詐欺報告はありません。(※2016年9月現在)

むしろライセンスの規制が緩くなったことで、日本人トレーダーに自由なサービスを提供できるようになったとも考えられます。

その証拠に以前までは期間限定でしか実施されていなかった100%入金ボーナスキャンペーンが継続して開催されるようになりました。

あくまで管理人の個人的な考えにすぎませんが、ライセンスが弱くなったことを嘆くよりも、さらなるサービス・取引環境の向上に期待したいと思います。

海外FXデビューの方にも、よりよい取引環境を求めている方にもXMがうってつけ!

ライセンス周りで若干の不安があるものの、それ以外はほとんど言うことなしのXM。

日本語サポートが手厚いので海外FX初めての方でも安心して取引できるのに加え、より質の高い約定環境を求めている熟練トレーダーの方も口座を開設する価値があります。

また様々な取引スタイルに対応しており、「スタンダード口座でデイトレ、スイングトレードするのもよし」「ZERO口座でスキャルピングするのもよし」の何でもありです。

もちろん最大888倍のハイレバレッジと100%の入金ボーナスを活かして一発狙いのギャンブルトレードをしていただいても構いません。

口座を開設するだけで3000円分のボーナスももらえるので、気になる方はぜひXMのリアル口座で試しに取引してみてください。

口座開設はこちらから→XM公式サイト

XM(XEMarkets)の口座開設方法

XMの詳細情報まとめ

 

会社情報

項目 詳細
正式名称 Trading Point of Financial Instruments Ltd.
本社所在地 Mont Fleuri, Mahe, Seychelles
ライセンス/登録地 CySEC/Cyprus, FCA/UK, FSP/New Zealand
創業 2009
資本金 360,000,000 (USD)

取引情報

項目 詳細
取引時間 夏時間:(月曜日)午前6:00~(土曜日)午前6:00(日本時間) 冬時間:(月曜日)午前7:00~(土曜)午前7:00(日本時間)
ロールオーバー時刻 夏時間:午前6:00(日本時間) 冬時間:午前7:00(日本時間)
週末クローズ時の注文 なし
週末のリーブオーダー あり
両建て取引 可能
マージンコール 証拠金維持率が90%を下回った場合
ロスカット 証拠金維持率が20%を下回った場合
追証発生 なし
預託金の保管方法 ユーロ圏銀行において分別保管 (2万EURまで信託保全)
モバイル対応 iPhone、Android、iPad
テクニカルチャート(日本語) あり

口座開設はこちらから→XM【XEMarkets】

XM(XEMarkets)の口座開設方法

カテゴリー