menu

STICPAYとは!入金・出金手数料から使い道まで鬼まとめ!【ATMでの出金OK】

STICPAYとは?入金・出金手数料から使い方まで徹底解説しました

本記事ではSTICPAYという新たなオンラインウォレットについて詳しく解説しています。

そもそもSTICPAYってなに?
STICPAYの手数料ってどれくらい?
STICPAYって具体的に何ができるの?

などなどSTICPAYに関する基本的な疑問がある方は、本記事を参考にしてください。

STICPAYとは

STICPAYとはオンラインウォレット(電子財布)のこと。

インターネット上にウォレットを作成して資金を入金することで、様々なサービスへの入出金や決済ができます。

【STICPAYで可能なこと】

  • STICPAYへの入金
  • STICPAYからの出金
  • 各種サービスの決済
  • 各種サービスへの送金
  • ATM出金(全世界対応)
  • 個人間送金

STICPAYを利用すれば、海外送金にかかる時間の短縮や、手数料を大きく抑えられます

海外FX業者でもSTICPAYに対応する業者がチラホラ出てきており、少しずつ注目を集めはじめました。
(海外FX業者だけでなく、オンラインカジノやブックメーカーの口座にも入金可能)

 

またMasterCardブランドのデビットカード”STICPAYカード”を発行すれば、日本・海外問わず銀行ATMからの出金・MasterCard加盟店での支払いができます。

わざわざ銀行での手続きをしなくても、お近くのATMでいつでもカンタンにお金をおろせるのはメリットです。

 

STICPAYは2017年運営開始だが信頼性は◎

STICPAYは2017年に運営を開始したばかりの、まだまだ新しいサービスです。

運営歴が短いと、どうしても「本当に安心して使えるサービスなのか?」が気になるところ。

しかしSTICPAYに限っていうと、かなり信頼性が高いサービスだといえます。

  • STICPAYカードがMasterCardブランドのもの
  • イングランドのプロサッカーリーグ(プレミアリーグ)1部のサンダーランドAFCとスポンサー契約を結んでいる

世界的なクレジットブランドであるMasterCardと提携したり、超有名プロサッカーリーグ1部のチームとスポンサー契約を結ぶのは信頼性の低い企業では絶対に不可能。

この事実だけでもSTICPAYの運営元の信頼性がかなり高いことが伺えます。

少なくともいきなりサービスを停止したり、顧客に対して詐欺的な行為を働くような企業ではないでしょう。

 

公式サイト・アプリともに完全日本語対応

STICPAYはWEB上の公式HP・アプリともに完全に日本語対応が済んでいます。

それも英語を無理やり日本語に訳したような不自然さもナシ。
私たちが使っている自然な日本語です。

『PerfectMoney』や『OKPAY』など、似たようなサービスがありますが、それらと比べると段違いで使いやすいと思います。
(PerfectMoneyやOKPAYの日本語はかなり不自然で読みにくい…)

 

またカスタマーサポートも日本語対応されています。

日本語で質問できるうえに、対応も丁寧でレスポンスも早いです。

利用に関して困ったことがあれば、積極的に問い合わせてみましょう。

【STICPAYの日本語サポート情報】

一般問い合わせ(質問全般)
account@sticpay.com

口座についての問い合わせ
account@sticpay.com

入出金についての問い合わせ
funds@sticpay.com

(※)問い合わせ先に迷ったら一般窓口に問い合わせればOK

 

STCKPAYの入金・出金方法と手数料について

STICKPAYの入金方法と入金手数料

STICPAYへの入金手段は4つ。

  • 海外銀行送金
  • クレジットカード(MasterCard・VISA)
  • ネッテラー
  • ビットコイン

国内銀行送金には対応していないので注意しよう。

入金手段 入金手数料 着金時間
海外銀行送金 入金額の1% 3~5営業日
クレジットカード
(MasterCard・VISA)
入金額の3.85% 即時~30分
ネッテラー 入金額の1% 即時~30分
 ビットコイン 無料 即時~30分

 

STICPAYの出金方法と出金手数料

STICPAYの出金方法は3つある。

  • 海外銀行送金
  • 国内銀行送金
  • STICPAY Card

入金方法と異なり、こちらは国内銀行送金でも出金できる。

出金方法 出金手数料 着金時間
海外銀行送金 出金額の5% 3~5営業日
国内銀行送金 出金額の2.5%+600円 1~2営業日
STIC Card 出金額の1.3% 即時~30分

 

STICPAYの入金・出金手数料はあまり安くない

STICPAYの入金・出金手数料は、正直1番安くはありません

しかし近年海外FXでも最も注目を集めているオンラインウォレット”bitwallet(※)“と比較すると見劣りしてしまうのが現状です。

(※)bitwalletはSTICPAY同様のオンラインウォレットで、国内銀行へ一律824円で出金できる今海外FXで最も熱い入出金ツールとして注目を集めている。
bitwallet(ビットウォレット)とは!9つの特徴と口座開設方法まとめ!

 

【bitwalletとSTICPAYの入金手数料比較】

入金方法 bitwallet STICPAY
国内銀行送金 無料 非対応
海外銀行送金 非対応 入金額の1%
クレジットカード
(MasterCard・VISA)
入金額の4% 入金額の3.85%
クレジットカード
(アメックス・ダイナース・Discover)
入金額の5% 非対応
ネッテラー 非対応 入金額の1%
ビットコイン 非対応 無料

 

【bitwalletとSTICPAYの出金手数料比較】

出金方法 bitwallet STICPAY
国内銀行送金 824円 出金額の2.5%+600円
海外銀行送金 4,800円 出金額の5%
クレジットカード
(MasterCard・VISA)
入金額の4% 入金額の3.85%

入金はほぼ互角に見えますが、無料で国内銀行送金に対応しているbitwalletのほうが使い勝手が良いです。

 

また出金に関しては、bitwalletのほうが圧倒的に手数料が安く設定されているのがわかります。

やはり一律824円で出金できる手数料の安さが圧倒的。

手数料を少しでも抑えたいならbitwalletを利用するのがオススメです。

(※)9,000円以下の出金ならbitwalletよりもSTICPAYのほうが安くなる

ちなみに9,000円未満の出金ならほんのわずかにSTICPAYのほうが、手数料を抑えられます。

例えば9,000円出金する場合、

●bitwallet
→一律824円

●STICPAY
→225円(9,000円×2.5%)+600円=825円

見ての通り、9,000円ピッタリの出金でbitwalletより1円だけ高くなります。

9,000円より小さくなればなるほど、bitwalletよりも安くなるので、かなり小さい金額をこまめに出金する方はSTICPAYでも良いですね。

 

STICPAYでできること

海外FX口座の入出金

STICPAYに対応している海外業者を使えば、STICPAYを通じて海外FX口座への入出金ができます。

ただし上述したように、STICPAYの手数料はbitwalletと比べるとそこまで安くありません。
もし使いたい業者がbitwalletに対応していれば、bitwalletを利用しましょう。

bitwalletに対応しておらず、STICPAYに対応している場合のみ、STICPAYを使うのがオススメです。

 

STICPAYに対応している海外FX業者

STICPAYに対応しているのは以下の5業者。

●XM
→管理人によるXMの詳細レビュー

●LANDFX
管理人によるLANDFXの詳細レビュー

●MyfxMarkets
→管理人によるMyfxMarketsの詳細レビュー

●GEMFOREX
→管理人によるGEMFOREXの詳細レビュー

●Tradeview
→管理人によるTradeviewの詳細レビュー

 

このうちbitwalletに対応しておらず、STICPAYに対応しているのはLANDFXのみ。

LANDFX以外の業者を使う場合は、bitwalletを口座開設して使いましょう。
bitwalletの口座開設は10分ほどあればカンタンに終わります。

 

STICPAYから海外FX口座へ入金する場合

STICPAYを通じて海外FX口座へ入金する流れは以下。

  1. STICPAYへ資金を入金する
  2. STICPAYから海外FX口座へ入金する

このうちSTICPAYへ入金する際に手数料がかかります。
(海外銀行送金で1%、クレジットカードで3.85%、ネッテラーで1%、ビットコインは無料)

STICPAYから海外FX口座への入金では手数料はかかりません

またSTICPAYから海外FX口座への着金時間は即時~30分程度です。

 

海外FX口座からSTICPAYへ出金する場合

海外FX口座からSTICPAYを通じて出金する流れは以下。

  1. 海外FX口座からSTICPAYへ出金
  2. STICPAYから銀行口座へ出金

海外FX口座からSTICPAYへの出金は無料。
STICPAYから出金するタイミングで手数料がかかります
(国内銀行送金で出金額の2.5%+600円、海外銀行送金で出金額の5%)

口座への反映は海外送金で3~5営業日、国内送金で1~2営業日ほどです。

 

また厳密にはSTICPAYカードを利用してSTICPAYから出金する方法もありますが、少々複雑なため以下で詳しく解説します。

 

STICPAYカードを作成すれば世界中のATMから出金できる

STICPAYがMasterCardブランドで発行しているデビットカードは1枚つくっておいても損がないカードです。

  • 国内・海外問わず銀行ATMから出金できる(当然コンビニATMもOK)
  • MasterCard加盟店での支払い
  • 現地ATMで現地通貨の出金

がSTICPAYカードがあれば可能。

管理人としては地味に海外ATMで現地通貨で出金できるのが嬉しいポイント。

わざわざエクスチャンジャ―ズなどに行かなくても、コンビニATMさえあれば現地通貨を調達できます。

 

STICPAYの審査とカード発行にかかる期間

STICPAYカードはデビットカードだけあって、かなり審査基準はゆるめ

申請すれば通るレベルといっても差し支えありません。

  • STICKPAYに35$(約3,500円)の残高がある
  • パスポートを持っている

ただし上記の条件を満たす必要はあるので、あらかじめ申請前に満たしておきましょう。

カードは申請後2~3週間で手元に届きます

 

STICPAYカードの使い方とチャージ手数料

STICPAYカードを利用するには、まずはSTICPAYカードへ”チャージ”をする必要があります。

要するにSTICPAYカードへ資金を入金しなければならないということ。
(クレジットカードではなくデビットカードなので、チャージしてある金額分しか利用できない)

チャージはSTICPAY口座からSTICPAYカードへと行います。
(STICPAY口座とSTICPAYカード残高は別物で連動していない)

STICPAYカードへのチャージ手数料は”入金額の1.3%“。

例えば10万円をチャージする場合、1,300円が手数料としてかかるので、実際にチャージされる金額は98,700円となります。

 

STICPAYカードを使ってATM出金する流れと出金手数料

STICPAYカードを利用してATM出金する流れは以下。

  1. 海外FX口座からSTICKPAYカードへ出金
  2. STICKPAY口座から出金したい金額をSTICPAYカードへチャージ(手数料1.3%)
  3. STICPAYカードを使ってATMで出金(手数料1%)

STICPAYカードを利用してATM出金する場合、出金額の1%手数料がかかります

(例)10万円をATM出金する場合

  1. 海外FX口座からSTICPAYへ10万円出金
  2. STICPAYからSTICPAYカードへ10万円チャージ→98,700円
    (10万円から手数料1.3%の1,300円引き)
  3. STICPAYカードでATM出金→最大97,713円出金OK
    (98,700円から手数料1%の987円引き)

つまり海外口座から10万円をATM出金しようとすると、最大で手元に引き出せるのは97,713円。
手数料で2,287円引かれる計算になる。

上記の流れを見るとわかるように、チャージ時にかかる手数料と出金時の手数料を合わせると、合計で2,287%の手数料がかかります。
正直それほど安くはありません。

ただし国内外のATMでいつでも出金できる利便性を考えると、ギリギリ許容範囲かなと思います。

 

STICPAYカードの利用限度額

STICPAYカードの利用限度額が設定されています。

利用用途 限度額
1日の利用限度額 HKD15,000(USD 2,000)
1ヵ月の決済可能額 HKD75,000(USD 9,000)
1日のATM出金限度額 HKD25,000(USD 3,000)
1ヵ月のATM出金限度額 HKD75,000(USD 9,000)

月間でも最大9,000ドル(1ドル110円換算で99万円)使えると考えると、デビットカードとして十分でしょう。

 

STICPAYの会費や利用手数料

利用項目 必要金額
カード発行 無料
残高照会 ATM:約70円
オンライン:無料
会費 発行13ヵ月後から毎月約140円
カード再発行
(有効期間満了後の再発行含む)
約1,400円

STICPAYカードの会費は見ての通りかなり安め。
年間でも1,680円ほどです。

また残高照会をATMですると手数料がかかるので、できるだけオンライン上で確認しましょう。

 

個人間送金

STICPAYを利用している個人や加盟店との送金は365日可能です。

送金にかかる手数料と着金時間は以下の通り。

送金相手 手数料 着金時間
個人⇔個人 1%
(最大35$)
即時
個人⇔加盟店 2.5%+0.3$ 即時

ただし個人間送金に関してもbitwalletのほうが優秀。

bitwalletでは手数料が一律で1$(100円程度)しかかかりません

個人間送金だけに限っても、bitwalletを利用するのがオススメです。

 

STICPAYがオススメなトレーダー

bitwallet非対応でSTICPAY対応の海外FX業者を利用する

bitwalletに対応しておらず、STICPAYに対応している海外FX業者を使う場合は利用価値があります。

例えばLANDFXはbitwallet非対応、STICPAY対応業者です。

STICPAYはbitwalletには劣るものの、PerfectMoneyやOKPAYよりは手数料の安さと使いやすさが優秀なので利用しても良いでしょう。

 

9,000円未満の出金をこまめにするトレーダー

9,000円未満の超少額出金を繰り返すトレーダーなら、STICPAYはbitwalletよりも手数料を抑えられます。

ただし1発でも何十万・何百万という出金があると、一気にbitwalletの手数料のほうが安くなるので注意しましょう。

例えば100万円出金する場合、

●bitwallet→824円
●STICPAY→25,600円

と25,000円も手数料で変わってきます。

 

STICPAYカードを利用したい方

STICPAYカードを利用したい方は、それだけでも口座開設する価値はあるでしょう。

海外FX口座からSTICPAYに出金した利益を近所のコンビニでも気軽に出金できるのは、なんだかんだ嬉しいです。

また海外旅行によく行く方はかなり重宝すること間違いなし。
海外のATMで現地通貨を引き出せるのは実際かなり便利です。

以上、STICPAYの入金・出金手数料や使い方のまとめでした。

STICPAYは2017年にサービスを開始した業者なので、まだまだ発展途上です。
(まぁ今でも全然使えないことはないですが)

国内銀行送金への対応や手数料の引き下げなど、ドンドン改善を続けていけば利用者ももっと増えていくでしょう。

STICPAYがさらによりよいサービスになることを願って、本記事を締めくくりたいと思います。







海外FX比較.comのイチ押し海外FX業者はXM!
口座名 最大レバレッジ 日本語サポート ドル/円スプレッド 最小取引単価
888倍 1.0pips~ 100通貨

日本人トレーダー人気No.1!ボーナスも手厚い、ダントツおすすめの海外FX業者!

追証なしのゼロカットシステムを採用! 管理人が5年前からメインの海外FX口座として利用しているブローカー。 指標取引など値動きが大きい時間帯にも強いのが特徴! CFD、原油、金、株価指数など合計100銘柄以上の豊富な取引商品を取り揃える。
新規口座開設で全てのユーザーに30$の入金ボーナス 2019年3月限定!期間中のすべてのユーザーの入金額の100%をボーナス入金 +以降追加入金毎に+20%をボーナス入金2019年3月限定!100%入金ボーナスの詳細はこちら

kouzakaisetu XM(XEMarkets)の口座開設方法

カテゴリー