menu

【is6com(アイエスシックスコム)の評判】海外FX歴10年の管理人が正直にお伝えします。

is6comを海外FX歴10年の管理人が辛口評価

当記事では2018年に運営を開始した新進気鋭の海外FX業者【is6com】について詳しくまとめました。

  • 信頼して利用できる海外FX業者なのか
  • レバレッジやスプレッドなどの口座スペックはどうなってるのか

など、気になる疑問は当ページで全て解決します。

現在口座開設を検討中の方は、目を通してみてください。

※ページ内の画像の一部はis6com公式HPから拝借しています。

 

【お急ぎの方へ】is6comに対する管理人の評価まとめ

is6comに対する管理人の総合評価を先にチェック

当記事はis6comについて余すところなくお伝えしようと意気込んで執筆したので、1万文字近くの長文となってしまいました…。

なので、まずはお急ぎの方のためにis6comに対する管理人の評価をまとめておきます。

 

is6comの【信頼性・安全性・使いやすさ】に対する評価

  • 完全日本語対応で平日24時間の日本語サポート完備
  • 入金・出金方法としてbitwalletに対応している
  • 現状では世界中どこの金融ライセンスにも登録していない
  • トレーダー資金に関する情報開示が少ない
  • 不具合やメンテナンスが多い

日本語対応やサポート、bitwallet出入金に対応しているところをみると、日本人トレーダーを意識して運営している模様です。

ただライセンス無登録&トレーダー資金管理が不明ということで、信頼性は低く評価せざるをえません。

管理人個人の見解としては「数十万円入金するのはちょっと…」といった感じです。

 

is6comの【取引環境】に対する評価

  • 常設の口座開設ボーナス&定期的な入金ボーナスがある
  • 最大レバレッジ1,000倍で追証なし
  • 低スプレッドの口座が利用できる
  • 約定スピードが早い
  • DD方式(OTC方式)で注文を処理している可能性が高い
  • 取引できるのは33種類の通貨ペアだけ

信頼性や安全性を度外視して考えると、is6comはまあまあ優秀。

  • ボーナス&最大1000倍のレバレッジで一発狙いの取引がしたい
    →スタンダード口座
  • 低スプレッドの口座で短期売買でコツコツ稼ぎたい
    →プロ口座

ご自身のトレードスタイルに応じて取引口座を選べます。

ただDD方式の疑いがあるのは大きなマイナスポイント。
約定拒否などトレーダーにとって不利な注文処理がないとは言い切れません…。

また通貨ペア以外の取引には対応していないので、取引のバリエーションも限られてしまいます。

 

is6comに対する管理人の総評

やはり信頼性や安全性の部分で不安が残るので、is6comへの多額の入金を控えましょう

またリスクヘッジという意味でも、とりあえずボーナスをもらった分だけ取引するのがおすすめです。

  • 口座開設5,000円ボーナス
  • 定期的な入金ボーナス

ボーナス取引で増えた分はもちろん出金OK
管理人はリアルマネーの入金を少額におさえつつ、ボーナスで証拠金を増やしながら取引しています。

※スプレッドが狭いのは魅力ですが、DD方式がひっかかるので管理人はスキャルピングのメイン口座にするのは避けています。

▼is6comの口座開設はこちら▼

is6comの無料口座開設フォーム

 

「もうちょっと掘り下げて知りたい!」という人は、下記の中から気になる項目をタップ・クリックしてください。
説明箇所に移動します。

【is6comの詳細情報・スペックまとめ】

 

is6comのデメリット5つ

金融ライセンス無登録で現在申請中。信頼性に難アリ

is6comは全世界どこの国の金融ライセンスも取得していません

仮にライセンス登録があれば、信頼性を主張するために公式HPにしっかり明記するはず。

サイト内どこを探してもライセンスに関する記載がないので、is6comの現状は無登録業者だと考えてください。

第3者機関からの監査や規制を受けずに、自制心だけで運営されています。

※実際にis6comに問い合わせたところ「現在申請中」とのこと。ライセンス登録する気はあるみたいです。

 

分別管理や資金補償に関する情報開示が少ない

is6comの公式HP内のトレーダー資金に関する記載は下記だけ。

is6comは分別管理を明記しているが、管理先銀行が不明

倒産した場合の資金補償が明記されていないのはもちろん、資金の分別管理先も”うやむや”です。

もはや本当に分別管理しているのかも疑いたくレベルなので、多額の資金を入金するのは避けた方がよさそうです。

 

不具合やメンテナンスが多い

まだ運営開始から1年足らず※というのもあって、is6com正直至らない点が多々あります。

公式HP内のニュースを見ても、不具合やメンテナンス報告の数々

is6comはシステムトラブルや不具合が多い

トレーダーにいち早く周知しようという姿勢は評価できますが、利用者目線で考えるとイライラしてしまいそうです。

 

DD方式(OTC方式)で注文を処理している疑いアリ

is6comはNDD方式を明言しているが…

上記の通りis6comは公式HPで「NDD方式」を公言していますが、これがどうも怪しい…。

というのもis6comはリクイディティプロバイダー(LP)開示していません

LPを開示していないので管理人はis6comに「実を伴ってないだろう…」と冷ややかな目線を送っています。

※リクイディティプロバイダー(LP)とは

NDD方式において、トレーダーの注文の受け皿になる金融機関のこと。

NDD業者ではディーリングディスクが注文に関与しないので、トレーダーの注文はそのままLPに流れる

したがってLP開示は業者の注文処理方法を見極める上でのチェックポイント

たとえばNDD方式採用のTitanFXは公式HPでリクイディティプロバイダーを紹介している。

↓TitanFXの公式サイト開示のLP↓

TitanFXが公式HPで開示しているリクイディティプロバイダー一覧

 

約定拒否・売買不成立の方向もチラホラ

「DD方式かもしれない」に根拠を与える証拠として、Twitterではたびたび約定拒否が報告されています。

勝負どころで決済されないのはサムいので、100万通貨を超えるような大ロット取引は極力控えておいたほうがいいと思います。

【補足】NDD方式とDD方式の違いまとめ

原理としてNDD方式とDD方式の違いは以下の通り。

  • 取引で利益を得ようと、トレーダーの注文に介入する
    →DD方式
  • トレーダーの注文に介入せず、LPやFX市場に流す
    →NDD方式
注文処理方式 NDD方式 DD方式
取引の透明性 高い 低い
トレーダーとの利益相反 しない する
業者のキャッシュポイント スプレッドのみ スプレッド+トレーダーの負け分

トレーダーの負け分が業者の利益になるので、悪質なDD業者は不利約定や約定拒否でトレーダーを負けさせることもあります。

(関連記事:海外FXのNDD方式とは?DD方式との違いも解説【インターバンク直結】

 

取引できるのは33種類の通貨ペアだけ

is6comで取引できるのはFX通貨ペアだけ

他の海外FX業者のように、

  • 原油や天然ガスなどの資源
  • 小麦やとうもろこしなどの商品
  • 日経225やダウ平均などの株価指数

を同一口座で取引できません。

取引できる商品のバリエーションは少ないといえます。

is6comで取引できる通貨ペア一覧

 

is6comのメリット7つ

完全日本語対応で日本語サポートは平日24時間体制

is6comの日本語対応はまさに「見事」の一言。

公式HPは自然な日本語で記載されており、日本語ナビゲーションのもとで口座開設までできます。

is6comの公式HPは自然な日本語で記載されている

is6comの口座開設フォームも完全日本語対応

また日本人向けサポートも盤石で、平日なら24時間体制で日本人スタッフが対応してくれます。

【is6comの日本語サポート問い合わせ先】

 

常設の5,000円口座開設ボーナス&定期的な入金ボーナスキャンペーン

is6comで新しく口座開設すればで5,000円の未入金ボーナスがもらえます。

ボーナス取引で増えたお金は出金OK

リスクゼロでハイレバ取引できるので、とりあえず未入金ボーナス目当てで口座開設するのもアリです。

 

また不定期ではありますが「入金額の◯◯%」という形で、入金ボーナスキャンペーンも随時開催中。

たとえば2018年10月1日~10月31日の1ヶ月間は最大200%の入金ボーナスキャンペーンを実施していました。

【最大200%入金ボーナスキャンペーンの詳細】

2018年10月1日~10月31日の取引量に応じて、以下のボーナスチケットが配布される。

200%入金ボーナスチケット 601loti以上の取引 入金額20万円まで
(ボーナス最大40万円)
100%入金ボーナスチケット 201lot~600lotの取引 入金額100万円まで
(ボーナス最大100万円)
50%入金ボーナスチケット 61lot~200lotの取引 入金額100万円まで
(ボーナス最大50万円)
30%入金ボーナスチケット 3lot~60lotの取引 入金額100万円まで
(ボーナス最大30万円)

さらに前ぶれなくボーナスチケットが送られてくることがあるので、会員ページは随時確認しておくようにしましょう。

 

最大レバレッジ1000倍で追証なし

is6comは最大レバレッジ1000倍で取引できる

is6comの最大レバレッジは1,000倍
他の海外FX業者は平均400倍~500倍なので、資金効率は優秀な部類に入ります。

【ドル円(=100円)でエントリーに必要な証拠金】

1000通貨 100円
1万通貨 1,000円
10万通貨 1万円
100万通貨 10万円

また追証なしのゼロカットシステムも採用。取引の損失は入金額までに限定されてます。

※最大レバレッジ1,000倍で取引できるのはマイクロ口座とスタンダード口座。
後述する低スプレッドのプロ口座の最大レバレッジは400倍です。

(関連記事①:海外FXの1番の魅力は、なんといっても最大レバレッジ
(関連記事②:追証なしゼロカットシステムの必要性を説く【海外FXで管理人が10年間借金しなかった理由】

スプレッドが狭い口座を利用できる

is6comの主要通貨ペアのスプレッドは以下の通りです。

マイクロ口座 スタンダード口座 プロ口座
取引手数料 なし なし なし
USD/JPY 2.0pips
(平均値)
1.6pips
(平均値)
0.8pips
(平均値)
EUR/JPY 2.9pips
(平均値)
2.3pips
(平均値)
1.1pips
(平均値)
GBP/JPY 3.9pips
(平均値)
3.1pips
(平均値)
1.5pips
(平均値)
AUD/JPY 3.7pips
(平均値)
2.9pips
(平均値)
1.4pips
(平均値)
EUR/USD 1.9pips
(平均値)
1.5pips
(平均値)
0.7pips
(平均値)
GBP/USD 3.1pips
(平均値)
2.4pips
(平均値)
1.1pips
(平均値)
AUD/USD 2.5pips
(平均値)
2.0pips
(平均値)
1.0pips
(平均値)

やはり目を見張るのはプロ口座のスプレッド

当サイトのスプレッランキング1位のTitanFXでさえ、

  • ドル円平均:1.03pips
  • ユーロ円平均:1.44pips
  • ポンド円平均:2.15pips

なので、スプレッド水準は海外FX随一です。

(関連記事:海外FX本当のスプレッド比較ランキング

 

スキャルピング取引は禁止されていない

またis6comはスキャルピング取引を制限していません。

is6comはスキャルピング取引OK

ゼロ口座なら低スプレッドで取引コストをおさえつつ、短期売買でコツコツ利幅を抜いていけます

(関連記事:海外FXでスキャルピングに最適な業者は?

 

約定スピードが早い

上述したDD方式は一旦業者がトレーダーの注文を決済する執行方法。

is6comにとってあからさまに不利な注文でなければ、即座に約定します。
(管理人の実際に取引しましたが、たしかに約定は早かったです。)

公式HP明記の「0.29秒以内に99.46%の約定データ」の真相は定かではありませんが、約定スピードを自負するくらいの実力を兼ね備えています。

is6comの約定スピードは早い

 

入金・出金方法としてbitwalletに対応している

is6comは

  • 2018年6月16日
    →bitwalletでの入金
  • 2018年7月18日
    →bitwalletでの出金

に対応しました。

bitwallet経由で入金すれば即着金で手数料はかかりません

また国内の銀行口座に着金するまでにトータルで824円しかかからないので、出金手数料を大幅に節約します。
(↑bitwallet非対応の海外FX業者から海外送金で出金する場合、トータルで3,000円~5000円の手数料がかかる。参考→【海外FXの出金方法・手数料】何百回と出金経験がある管理人がレクチャー

【補足】bitwalletとは

完全日本語対応、日本円で出入金できるオンラインウォレットのこと。

アカウント開設までの所要時間は最短10分維持費は無料なので、is6comで取引するなら用意しておきたいツールです。

(関連記事:bitwallet(ビットウォレット)とは!9つの特徴と口座開設方法まとめ!

 

出金報告あり 今のところは出金拒否する詐欺業者ではなさそう

信頼性に疑問符が残るis6comですが、今のところ悪質な出金拒否の報告はありません

むしろ実際に「is6comから出金できた」という情報多数。

SNS等に寄せられている口コミをみると、is6comが出金拒否業者でないことが確認できました。

 

is6comは今後に期待!現状ではボーナス目当てのサブ運用がおすすめ

繰り返しになりますが、is6comは不具合が多くて信頼性周りも脆弱。
まさに発展途上の海外FX業者だと言えます。

低スプレッドのプロ口座を利用できますが、現状ではメイン口座として利用するのを避けておいたほうがいいでしょう。

ただリアルマネーの入金額を抑えつつ、ボーナスを活かして取引するなら現状でも使いみちアリ。

今なら口座開設するだけで5,000円の未入金ボーナスをもらえるので「ちょっと遊んでみるかー」くらいの感じで取引してみてください。

▼is6comの口座開設はこちら▼

is6comの無料口座開設フォーム

 

is6comの詳細情報まとめ

会社情報詳細

正式名称 is6com.Co.,Ltd
本社住所 Second Floor, The Quadrant, Manglier Street Victoria, Mahe, Seychelles
創業 2016年12月12日
電話番号 +63 2 946 2454
資本金 $20,000,000
CEO Walter Sandoval
従業員数 18名

 

マイクロ口座詳細

取引方式 DD方式の可能性が高い
口座通貨 JPY (円) , USD (ドル)
取引プラットフォーム MT4
最大レバレッジ 1000倍
初回最低入金額 100円
スプレッド ドル円平均2.0pips
取引手数料 なし
通貨ペア数 33種類
最小取引枚数 0.05lot(50通貨)
最大取引枚数 100lot(100万通貨)
ロスカット水準 証拠金維持率50%以下
ボーナス 非対応
EA・ミラートレード 可能
両建て 可能
スキャルピング 可能

※マイクロ口座は1lot=1,000通貨です。

 

スタンダード口座詳細

取引方式 DD方式の可能性が高い
口座通貨 JPY (円) , USD (ドル)
取引プラットフォーム MT4
最大レバレッジ 1000倍
初回最低入金額 100円
スプレッド ドル円平均1.6pips
取引手数料 なし
通貨ペア数 33種類
最小取引枚数 0.01lot(1000通貨)
最大取引枚数 30lot(300万通貨)
ロスカット水準 証拠金維持率50%以下
ボーナス 対応
EA・ミラートレード 可能
両建て 可能
スキャルピング 可能

 

プロ口座詳細

取引方式 DD方式の可能性が高い
口座通貨 JPY (円) , USD (ドル)
取引プラットフォーム MT4
最大レバレッジ 400倍
初回最低入金額 1万円
スプレッド ドル円平均0.8pips
取引手数料 なし
通貨ペア数 33種類
最小取引枚数 0.01lot(1000通貨)
最大取引枚数 30lot(300万通貨)
ロスカット水準 証拠金維持率50%以下
ボーナス 対応
EA・ミラートレード 不可
両建て 可能
スキャルピング 可能

 

取引可能時間詳細

夏時間 (月曜) 午前 6:05 ~ (土曜) 午前 5:50 (日本時間)
冬時間 (月曜) 午前 7:05 ~ (土曜) 午前 6:50 (日本時間)

 

入金方法詳細

 入金方法 入金スピード 入金手数料
クレジットカード
(VISA、JCB、MasterCard)
即時 2万円以上/無料
2万円未満/1回1,500円
海外銀行送金 入金確認後即時
(3~5営業日)
無料
bitwallet 即時 無料

※is6comは手数料を徴収しませんが、送金手数料(3,000~5000円程度)はトレーダー負担です。

出金方法詳細

出金方法 出金スピード 出金手数料
海外銀行送金 3~5営業日 月1回まで無料
(2回目以降は出金額の2%)
bitwallet 3~5営業日 月1回まで無料
(2回目以降は出金額の2%)

※is6comは手数料を徴収しませんが、送金手数料(3,000~5000円程度)はトレーダー負担です。







海外FX比較.comのイチ押し海外FX業者はXM!
口座名 最大レバレッジ 日本語サポート ドル/円スプレッド 最小取引単価
888倍 1.0pips~ 100通貨

日本人トレーダー人気No.1!ボーナスも手厚い、ダントツおすすめの海外FX業者!

追証なしのゼロカットシステムを採用! 管理人が5年前からメインの海外FX口座として利用しているブローカー。 指標取引など値動きが大きい時間帯にも強いのが特徴! CFD、原油、金、株価指数など合計100銘柄以上の豊富な取引商品を取り揃える。
新規口座開設で全てのユーザーに30$の入金ボーナス 2019年1月限定!期間中のすべてのユーザーの入金額の100%をボーナス入金 +以降追加入金毎に+20%をボーナス入金2019年1月限定!100%入金ボーナスの詳細はこちら

kouzakaisetu XM(XEMarkets)の口座開設方法

カテゴリー