menu

【2017年版】海外FX本当のスプレッド比較ランキング

ハイレバレッジで大きなポジションを持って取引する海外FXでは、わずか数pipsのスプレッドでも手数料は高くつきます。

例えば10万円の証拠金にレバレッジ500倍を効かせてドル円40万通貨のポジションを持った場合、スプレッドが1pipsだったとすると、取引1回あたりの手数料は5000円。手数料は馬鹿になりません。

 

できるだけ狭いスプレッドで海外FX取引をしたい!

と考える方のために海外FXスプレッドランキングを作成しました。

しかも今回のランキングは総勢15の海外FX業者のスタンダード(STP)口座とECN口座、全てが調査対象です。

 

※STP口座とECN口座の違い

STP口座とは・・・国内FXと同様、FXブローカーの手数料がスプレッドに乗っかってくる口座(※取引コストはスプレッドだけ

ECN口座とは・・・FX業者の手数料はスプレッドと別で徴収される口座(10万通貨あたり0.8pipsなど) その分デフォルトのスプレッドはかなり狭い(※取引コストは「スプレッド+手数料」

 

このランキングを見れば「本当に取引コストが安い業者はどこか」がわかります。

海外FX口座スプレッドランキング

 

ランキング基準

以下の5つの基準でスプレッドランキングを作成しました。「ランキング基準が多すぎる」と感じてしまうかもしれませんが、厳密なランキングを作成するためなのでご容赦ください。

  • 主要通貨ペア7種類のスプレッドを比較
  • 変動スプレッドの場合は平均スプレッドを参考値にする
  • 主要通貨ペアの参考スプレッドの平均値でランク付け(上位3位までを紹介)
  • ECN口座の場合「取引手数料+平均スプレッド」を比較
  • 口座の初回最低入金額は10万円以下

スプレッドランキングに記載するのは【米ドル/円,ユーロ/円,英ポンド/円,豪ドル/円,ユーロ/米ドル,豪ドル/米ドル,ポンド/ドル】の7種類の通貨ペア。

変動スプレッドの業者は、平均スプレッドを基準スプレッドとし、各主要通貨ペアのスプレッドの平均を比べて、上位5業者をピックアップしました。

 

またECN口座では取引コストがスプレッドだけではなく、取引量ごとに手数料が発生します。純粋に取引コストを比べるために「取引手数料(※)+平均スプレッド」でスプレッドを算出しています。

さらに「スプレッドが低くても最低入金額が100万円など高すぎたら、そもそも取引できない」ことを考慮して、公平を期すために初回最低入金額が10万円以下の口座タイプで比較することにしました。

 

※取引手数料はpips換算しています。例:取引手数料10ドル/lot→1.0pips

1位 TitanFX:ブレード口座(ECN)

TitanFX

通貨ペア スプレッド 順位
米ドル/円 1.03pips(平均値) 2位
ユーロ/円 1.44pips(平均値) 1位
英ポンド/円 2.15pips(平均値) 2位
豪ドル/円 1.72pips(平均値) 2位
ユーロ/米ドル 0.90pips(平均値) 1位
ポンド/米ドル 1.27pips(平均値) 1位
豪ドル/米ドル 1.22pips(平均値) 2位
平均 1.39pips 1位

(初回最低入金額:1万円)

新興ブローカーながらスプレッドランキング堂々の第1位!ハイレバスキャルピングに最適!

取引手数料を加味してもこの超低コスト!海外FX業者のスプレッドの常識を覆しました。

最大レバレッジ500倍でもちろん追証はありません。スプレッドが狭いだけでなく、「約定率99.999%」と約定力の高さにも定評があります。

取引制限はなく大口の注文にも問題なく対応するため、取引量が多く短期売買をするトレーダーに◎

TitanFXに対する管理人のレビューはこちら

kouzakaisetu

2位 Axiory:ナノスプレッド口座(ECN)

Axiory

通貨ペア スプレッド 順位
米ドル/円 1.00pips(平均値) 1位
ユーロ/円 1.50pips(平均値) 2位
英ポンド/円 2.30pips(平均値) 3位
豪ドル/円 1.50pips(平均値) 1位
ユーロ/米ドル 1.00pips(平均値) 2位
ポンド/米ドル 1.50pips(平均値) 3位
豪ドル/米ドル 1.20pips(平均値) 1位
平均 1.43pips 2位

(初回最低入金額:2万円)

この低スプレッド・低コストでcTraderにも対応!日本人トレーダーと真剣に向き合うブローカー

ランキング2位に甘んじていますが、3つの主要通貨ペアで1位をマーク!

海外FXの低スプレッド2強の一角を担っています。

最大レバレッジは400倍で追証なし。最先端プラットホームcTraderが使える希少なブローカーです。

Axioryに対する管理人のレビューはこちら

kouzakaisetu
Axioryの口座開設方法

3位 XM ZERO口座(ECN)

XM

通貨ペア スプレッド 順位
米ドル/円 1.10pips(平均値) 3位
ユーロ/円 1.6pips(平均値) 3位
英ポンド/円 2.10pips(平均値) 1位
豪ドル/円 2.00pips(平均値) 3位
ユーロ/米ドル 1.10pips(平均値) 3位
ポンド/米ドル 1.40pips(平均値) 2位
豪ドル/ドル 1.60pips(平均値) 4位
平均 1.56pips 3位

(初回最低入金額:1万円)

XMが「スプレッド広すぎ」の汚名返上!3000円の口座開設ボーナスにも対応!

海外FXの中で知名度トップクラスのXMが日本人トレーダーの要望に応えて低スプレッドのZERO口座をリリース!

すでにXMで他の口座を開設している方でもスキャルピング用に「ZERO口座」を開設する価値アリです。

新規口座開設なら全てのユーザーに30$の未入金ボーナス

XMのZERO口座に対する管理人のレビューはこちら

kouzakaisetu
XM(XEMarkets)の口座開設方法

4位 TitanFX スタンダード口座(STP)

TitanFX

通貨ペア スプレッド 順位
米ドル/円 1.33pips(平均値) 4位
ユーロ/円 1.74pips(平均値) 4位
英ポンド/円 2.45pips(平均値) 4位
豪ドル/円 2.12pips(平均値) 4位
ユーロ/米ドル 1.20pips(平均値) 4位
ポンド/米ドル 1.57pips(平均値) 4位
豪ドル/ドル 1.52pips(平均値) 3位
平均 1.69pips 4位

(初回最低入金額:2万円)

手数料なしのスタンダード方式でこの低スプレッド!STP口座の中では堂々の第1位!

ECNタイプのブレード口座に続き、スタンダード口座がランクイン!

取引手数料なしの口座の中では1番狭いスプレッドを提供しています。

「スプレッド+手数料」でコスト計算するのがイヤなら、間違いなくおすすめです。

TitanFXに対する管理人のレビューはこちら

kouzakaisetu

番外編 LAND-FX Live口座(STP)

LANDFXの100%入金ボーナス

通貨ペア スプレッド 順位
米ドル/円 0.8pips(平均値)
ユーロ/円 1.5pips(平均値)
英ポンド/円 1.8pips(平均値)
豪ドル/円 1.6pips(平均値)
ユーロ/米ドル 0.8pips(平均値)
ポンド/米ドル 1.2pips(平均値)
豪ドル/ドル 0.9pips(平均値)
平均値 1.22pips

(初回最低入金額:3万円)

LANDFXは一番スプレッドの水準が高いのですが、取引の禁止事項が多くスキャルピングに適していないため、番外編として取り扱っています。

LANDFXの禁止事項一覧

  1. 他の口座・業者との間での両建て取引
  2. レート遅延・システムエラーを悪用した取引
  3. アービトラージ取引
  4. 経済指標発表時のスキャルピング取引
  5. EA(システム)を利用したスキャルピング取引
  6. 高頻度の注文・取引

デイトレード取引の場合は、上記に当てはまらないので、デイトレするなら、LAND-FXはおすすめの口座です。

2017年6月から、総額50万円の100%入金ボーナスを用意しています。

 

※100%入金ボーナスは期間限定です。

口座開設する際は「LPボーナス口座」を選択してください。スプレッド水準は上記のLive口座と変わりません。

LAND-FXに対する管理人のレビューはこちら

 

kouzakaisetu
LAND-FX(ランドFX)の口座開設方法

 

「海外FX=スプレッドが広い」はもう古い!低スプレッドのブローカーでお得な取引を!

一昔前までは『高いレバレッジの代償として仕方なくスプレッドは広いまま我慢する』というのがFX海外業者の常識でしたが、今は違います。

今回ランクインした5ブローカーは国内業者に「追いつけ追い越せ」の低スプレッドを実現しています。

自分でスプレッドの狭いブローカーを選んで口座を開設すれば、海外FXでも低スプレッドで取引できる時代が訪れたといっていいでしょう。

 

お得に取引できるかどうかは業者の選び方次第です。スプレッドランキングを参考に海外FXでもコストを抑えたお得な取引を実現してください。

特にスプレッドランキング1位のTitanFXはスプレッドが狭いだけでなく、99.999%の約定率と平均0.338秒の高速約定も兼ね備えているのでハイレバスキャルピングにピッタリです。

TitanFXの口座開設はこちらから!

 

また僅差で1位に及ばなかったAxioryナノスプレッド口座も見どころアリ。特にドル絡みの通貨ペアに強く、約定力もTitanFXに負けず劣らじです。

管理人はTitanFXとAxioryをスキャ用のメイン口座として併用しています。

Axioryの口座開設はこちら

 

海外FXの低スプレッド競争はTitanFXとAxioryの2強時代に突入しているといえるでしょう。

カテゴリー