menu

XMのZERO(ECN)口座ってどうなの?管理人が徹底解説!

XMZERO口座

XMはスプレッドが広いからちょっと…

このように考えて現在他のブローカーで取引している方も多いのではないでしょうか。

特にスキャルピングメインのトレーダーは何よりもまずスプレッドで業者を選びますからね。

しかし、この度ついにXMでも低スプレッドの口座がリリースしました。

その名も「ZERO口座」

スプレッドを重視する日本人トレーダーのニーズをくみ取って、低スプレッドの口座を実現したんですね。

今回はXMの他の口座タイプや、海外FX他業者のECN口座と比較しながらXMのZERO口座についてあらゆる角度から論じていきたいと思います。

XM ZERO口座の特徴

ZERO口座スプレッド

  • ECN方式のクリーンな約定環境
  • 最小0.0pips~の極狭スプレッド
  • 取引プラットフォームはMT4(1クイックトレードOK)
  • EA(自動売買)に対応

一言で言うとXMのZERO口座は、他の口座(スタンダード口座・マイクロ口座)でもらえる豪華なボーナスを手放す代わりに、0.0pips~の低スプレッドに支えられた低取引コストを実現した口座です。

ズバリ今まで他のブローカーに流れていたたであろうスキャルピングトレーダーをターゲットにしているといえます。

インターバンクに集まった生の価格で約定されるので、クリーンなECN約定環境が実現しています。業者は注文をぶつけ合う場所を提供しているだけで、トレーダーが注文してから決済されるまでの間にブローカーは介在しません。

他の注文とうまくマッチングできればスプレッド0pipsで取引することもできます。

またプラットホームは海外FXトレーダーお馴染みのMT4に対応。自動売買で取引している方も、口座を乗り換えても今までと変わらずEAをガンガン回すことができます。

 

XMのスタンダード口座と比較 どっちがオススメ?

XMに対する管理人のレビューでオススメしているスタンダード口座とZERO口座で取引・口座の条件を比較してみましょう。

項目 XMスタンダード口座 XM ZERO口座
最低入金額 500円~ 2万円~
レバレッジ 最大888倍 最大500倍
ドル円平均スプレッド 2.0pips 0.1pips
ドル円平均取引コスト 2.0pips 1.1pips(うち手数料1.0pips)
最大保有 200ポジション 200ポジション
最少取引単位 0.01lot(1000通貨) 0.01lot(1000通貨)
通貨ペア 59通貨ペア
ゴールド・シルバーCFD14種類
56通貨ペア
ゴールド・シルバー
口座維持手数料 なし なし
入出金手数料 なし なし
複数口座開設 可能 可能
デモ口座 あり あり
MT4 利用可(EAも使用可) 利用可(EAも使用可)
基本通貨オプション USD, EUR, GBP, JPY, CHF, AUD, HUF, PLN, RUB USD, EUR, JPY
両建て 可能 可能
追証 なし なし
ボーナス 入金ボーナス・口座開設ボーナス・ロイアリティボーナス 口座開設ボーナスのみ

※『XM Zero口座』は、スプレッドが0pips~の変わりに手数料が発生します。片道5$ですので、注文と決済で手数料が合計10$がかかる計算になります。

色付きの部分がスタンダード口座とZERO口座で条件が異なる項目です。

  • 最低入金額が2万円~⇔スタンダード口座は500円から
  • 最大レバレッジが500倍⇔スタンダード口座は888倍
  • CFD銘柄なし⇔スタンダード口座は14銘柄用意

「2万円以下の入金で取引できない」「500倍以上のレバレッジで取引できない」「CFD銘柄が取引できない」など、ZERO口座は取引の幅が若干狭くなっています。

「少額投資でハイレバ一発勝負!」というよりは、どちらかというとFX経験が豊富な方が腰を据えてスキャルピングする用の口座といったところでしょうか。

とはいえ「MT4で通貨ペアだけ取引している」「レバレッジはいつも400倍くらいで取引している」という方ならあまり気にならないと思います。

見落とせないのはスプレッドとボーナスの違いです。ZERO口座は低スプレッドで取引できる一方で、100%入金ボーナスに対応していません。

ここの部分についてもう少し掘り下げていきたいと思います。

 

ボーナスと低スプレッドで得する人・損する人

個人的には基本的に「入金ボーナスよりも低スプレッド」の方がお得だと考えてています。

ハイレバレッジで取引できる海外FXではスプレッドが意外に高くついてしまうからです。ボーナス分なんてすぐに食いつぶされてしまいます。

【スタンダード口座とZERO口座でドル円(1ドル=100円)10万通貨のポジションで取引した場合】

スタンダード口座のスプレッドが2.0pips
ZERO口座の取引コストが1.1pips
取引1回あたりのコストの差は0.9pips

10万通貨取引なので、0.9pipsは日本円に換算すると900円。
取引1回あたりスタンダード口座の方が900円分損してしまう。

1万円入金でボーナスを1万円もらったとすると、取引12回目以降はボーナスを加味しても低スプレッドの方がお得になります。

1日1回しか取引しないようなデイトレーダーだったとしても、約12日後にはスプレッドの方がお得になる日が訪れてしまうのです。

 

とはいえ、必ずしも「ボーナス<低スプレッド」というわけではありません。

少額入金のスイングでポジションを持つ場合はボーナスの方が恩恵が大きいといえます。

証拠金が増えるので大きなポジションを持てるのはもちろん、ポジションを大きくしなくても証拠金維持率が高くなるので、ロスカットまで耐えられる逆光pipsが大きくなるからです。

100%入金ボーナスがあれば、入金額いっぱいにレバレッジをかけてポジションを持つという取引スタイルも選べます。

【5万円入金してドル円(1ドル100円)でレバレッジ500倍で25万通貨のポジションを持つ場合】

※25万通貨のポジションを持つための必要証拠金は5万円。

ボーナスなし:口座残高5万円で必要証拠金5万円→証拠金維持率100%

100%入金ボーナスあり:口座残高10万円(入金5万+ボーナス5万)で必要証拠金5万円→証拠金維持率200%

スイングならスプレッドを支払うのは最初の1回だけなので、スプレッドで損することもありません。

以上をまとめると、XMでの口座開設は次のように考えればいいでしょう。

スタンダード口座(100%ボーナス)向きの人
  • 取引回数がかなり少ない人(スイング、スイング寄りのデイトレ―ド)
  • 少額入金で大きくポジションを持って一発勝負を考えている人
ZERO口座(ボーナスなし・低スプレッド)向きの人
  • ボーナスに頼らなくても取引資金が豊富な方
  • 取引回数が多い方(スキャルピング・1日数回トレード)

 

上記を加味して、自分の取引スタイルに合った口座で取引するといいと思います。

XM zero口座選択

XMは1人で複数の口座を開設できるので「スイング用の口座」「スキャルピング用の口座」のように使い分けるのもいいでしょう。

2つ目の口座の場合もこちらから開設できます。

口座開設はこちらから→XM公式サイト
XM(XEMarkets)の口座開設方法

 

他の海外FXのECN口座と比べてどうなの?

海外FXには他にもECN方式の口座を用意しているところがあります。XMのZERO口座は他の海外FXブローカーと比べて使い勝手がいいといえるのでしょうか?

取引コストではやや後手を踏む

まず取引コストで見ていきましょう。やっぱりECN口座一番の目玉は「取引コストを安く抑えられること」ですからね。

結論からいうと、XMのZERO口座の取引コストは海外FXの中で最安値ではありません。

取引コスト最安値のECN口座はTitanFXという海外FXブローカーの「ブレード口座」
ナノスプレッド口座の取引コストは海外FXの中で最も安く抑えられています。(参考:海外FX本当のスプレッド比較ランキングではTitanFXが1位、XMのZERO口座は3位)

以下XMのZERO口座と主要通貨ペアの平均スプレッド・取引コストを比較しました。

TitanFX
(ブレード口座)
XM
(ZERO口座)
取引手数料 0.70pips(往復7ドル/lot) 1.00pips(往復10ドル/lot)
米ドル/円 0.33pips(1.03pips) 0.10pips(1.10pips)
ユーロ/円 0.74pips(1.44pips) 0.60pips(1.60pips)
英ポンド/円 1.45pips(2.15pips) 1.10pips(2.10pips)
豪ドル/円 1.02pips(1.72pips) 1.00pips(2.00pips)
ユーロ/米ドル 0.20pips(0.90pips) 0.10pips(1.10pips)
豪ドル/米ドル 0.55pips(1.22pips) 0.60pips(1.60pips)
ポンド/ドル 0.57pips(1.27pips) 0.40pips(1.40pips)

カッコ内が「平均スプレッド+往復取引手数料」のトータルコストです。

スプレッドだけで見るとXMのZERO口座の方が優秀ですが、取引手数料を含めたトータルの取引コストでみるとほとんどの主要通貨ペアでTitanFXのブレード口座に軍配が上がります。

ECN方式の口座で低コストを突き詰めたい方はTitanFXの方がいいでしょう。

TitanFXに対する管理人によるレビュー

 

とはいえXMのZERO口座も健闘しているといっていいでしょう。英ポンド円なら優勢で、日本人トレーダー御用達の米ドル/円では、その差0.07pipsにまで肉薄しています。

 

EAスキャ、ECN口座の試運転ならXMのZERO口座もアリ

取引コストでは他業者のECN口座に惜敗していますが、他の要素で比べて総合的にみるとXMのZERO口座の方が使い勝手がいい部分があります。

取引コストを除く口座スペックで、先ほど同様にTitanFXのブレード口座と比較しました。

TitanFX
(ブレード口座)
XM
(ZERO口座)
口座通貨 JPY USD EUR JPY USD EUR
最大レバレッジ 500倍 500倍
最低入金額 200ドル(2万円~) 200ドル(1万円~)
ボーナス なし 口座開設で3000円
無料VPS なし 利用可能
通貨ペア 61種類 56種類
商品CFD 6銘柄 2銘柄
株式指数CFD 10銘柄 取り扱いなし

XMのZERO口座がリードしているのは、

  • 新規口座開設で3000円のボーナスがもらえる
  • 無料でVPSが利用できる

の2つです。

 

まず特筆すべきは口座開設するだけでもらえる3000円のボーナス。未入金で海外FXのECN口座を利用できます。

ECN口座が初めての方は、TitanFXのブレード口座に入金する前にまずXMのZEROを試してみるのがいいでしょう。

 

またXMでは無料でVPSが使えます。VPSはEAで自動売買する方の必需品で、手動の取引においても約定力UPが期待できるアイテムです。

  1. 口座残高5000ドル以上
  2. 5lot/月以上の取引

この2つの条件を満たせば、レンタル料タダでVPSを貸してもらえます。

しかも利用できるのはBeeksという業者のハイスペックVPSです。毎月1.5GBまで使えるので、無料にしては上出来でしょう。(参考:BeeksのFX専用VPSについて

条件を満たせなくても28ドル払えばVPSを貸してもらうこともできます。普通にBeeksと契約するよりもだいたい2000円程度お得です。(※Beeksと直接契約すると同じスペックのもので毎月4750円)

EAスキャがメインなら他業者のECN口座よりもXMの方が向いています。

 

スキャルピング取引にXMという選択肢が増えた

ZERO口座が利用できるようになったことで、スキャルピングトレーダーの選択肢が1つ増えることになりました。

特にスキャルピングタイプのEAで自動売買している方は必見です。VPSをお得に利用でき、条件さえ満たせば無料で使うこともできます。

他のブローカーのECN口座と比べて「取引コスト最安値」というわけではありませんが、十分肩を張れるスプレッド水準であるのは確かです。

ECN口座で未入金のボーナス(3000円)がもらえるのはXMだけなので「ECN取引ちょっと気になるな」くらいの人も、試しに取引してみてはいかがでしょうか。

ZERO口座開設はこちらから→XM公式サイト
XM(XEMarkets)の口座開設方法







海外FX比較.comのイチ押し海外FX業者はXM!
口座名 最大レバレッジ 日本語サポート ドル/円スプレッド 最小取引単価
888倍 1.0pips~ 100通貨

日本人トレーダー人気No.1!ボーナスも手厚い、ダントツおすすめの海外FX業者!

追証なしのゼロカットシステムを採用! 管理人が5年前からメインの海外FX口座として利用しているブローカー。 指標取引など値動きが大きい時間帯にも強いのが特徴! CFD、原油、金、株価指数など合計100銘柄以上の豊富な取引商品を取り揃える。
新規口座開設で全てのユーザーに30$の入金ボーナス 2017年7月限定!期間中のすべてのユーザーの入金額の100%をボーナス入金 +以降追加入金毎に+20%をボーナス入金2017年7月限定!100%入金ボーナスの詳細はこちら

kouzakaisetu XM(XEMarkets)の口座開設方法

カテゴリー