menu

IFCMarketsの評判はいかに?!10つの特徴から完全解説!

IFCMarketsのロゴ

「ネットに落ちているIFCMarketsの情報って古くない?」

先日たまたまIFCMarketsについて調べる機会があったんですが、普段自分が取引している口座と全く異なるスペックが紹介しているサイトが多くて驚きました。

海外FX業者の中ではそこまで知名度は高くないので、情報更新で手抜きしている管理人さんが多いんでしょう。。。

そこで今回は【2017年最新】と題しまして、IFCMarketsの最新スペックについて徹底レビューしていきます。

続きを読む…

海外FX業者のBIG BOSS(ビッグボス)の評判は?

2014年から海外FXブローカー業を開始したBig Boss。

日本でのプロモーションに力をいれており、2016年には日本人トレーダーのみで約10,000口座の開設を突破している勢いのある業者です。

 

結論から言うと、Big Bossでトレードするのにおすすめな方は以下の通り。

  • 即日海外FXトレードがしたい
  • 追証なしのハイレバトレードがしたい
  • ビットコイン取引をハイレバでトレードしたい
  • ビットコイン、国内銀行を使って入金したい

特にハイレバでビットコイン取引ができるのは海外FX業者の中で唯一Big Bossのみ!

続きを読む…

MiltonMarkets(ミルトンマーケッツ)の評判はどうですか?【Q&A】

当サイトに以下のような問い合わせが来たので回答します。

Q.現在国内の証券会社(ヒロセ通商)で短期売買メインで取引しています。(スキャルピング歴5年)

ある時、私が参加しているFXトレーダーの交流掲示板に「国内FXでのスキャは時代遅れ、やるなら海外業者のミルトンの方が稼げる」との書き込みがありました。
(「ミルトン」はおそらくMiltonMarketsのことだと思います。。。)

 

たしかに数百倍のレバレッジで取引できる海外FXでスキャルピングした方が、資金効率抜群で稼ぎやすいのは重々承知です。

続きを読む…

LAND-FX(ランドFX)

LAND-FXのTOPイメージLAND-FXは、ニュージーランドの金融市場庁(FMA:Financial Market Authority )によって統制されており、金融サービス提供協会(FSPR)から許可・認定をうけています。

2013年からサービスを開始した中堅ブローカーですが、アメリカ・中国・キプロス・日本・フィリピン・バングラデシュ・ロシア・マレーシア・インドネシア・・・など合計13ヶ国に支社をもち、CIOTグローバルエキスポにて、ブローカー賞を受賞するなど、急速に存在感を増している業者の一つです。

また2016年6月から、取得が最も難しいとされている英国FCAライセンスを取得し、ブローカーとしての信頼性も急上昇中。

約定環境に最も力をいれており、注文は0.035で執行!スリッページ・リクォートなしと、かなりのハイスペック注目業者です。

現在期間限定で100%の入金ボーナスを実施中!

続きを読む…

Tradeviewのロゴ

今回管理人がレビューする海外FX業者はTRADE VIEWというブローカー。

2004年創業の比較的古いブローカーですが、「知る人ぞ知るブローカー」という感じでネット上でTRADE VIEWを紹介しているページはほとんどありません。

結論からいうとTRADE VIEWは「海外FX中上級者の方に特にオススメ」です。

  • 初回入金10万円以上しないと口座のスペックが下がる
  • 日本語対応・日本人向けサポートが手薄

以上の二点から、「これから手軽に海外FXを始めよう」くらいの人には敷居がやや高く感じてしまうかもしれません。

続きを読む…

XM(エックスエム)

日本人に1番人気の海外FX業者として君臨するXM(XMTrading)。

TradingPoint(トレーディングポイント)がトレード環境のさらなる高みを目指して、2012年にリニューアルした海外FXブローカーです。

  • オーダー執行率100%という破格の約定力
  • 追証なしゼロカットシステム×最大レバレッジ888倍
  • 豪華な未入金ボーナスと入金ボーナス

などの充実した取引環境を整えています。

管理人がメイン口座として利用していて、当サイトでもイチオシの海外FX業者です。

続きを読む…

2011年創業の海外FXブローカーSEVENFX。

今年で運営5年目と、比較的長く運営されているので、ネットや2chなどでその名を目にした方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回はそんなSEVENFXを管理人の調査や取引経験をもとに徹底レビューしてみました。

SEVENFXで口座開設・取引を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

2chで悪い噂が立つのも納得!大前提としてSEVENFXは信頼できない!

海外のFXブローカーを利用する際にまず気になるのは業者の信頼性。

続きを読む…

Axiory(アキシオリー)

Axioryは2013年に設立された中堅海外FXブローカーで、IFSC(ベリーズ国際金融サービス委員会)の許可、認定を受けています。キプロス証券取引委員会(CySEC)にもライセンスを保有するAxiory Globalグループを運営元とする世界的なブローカーです。

海外FX業者とは思えないほどの高いスプレッド水準(0.1pips~)と、丁寧な日本語サポートで話題を集めています。

また、cTraderをいち早く導入したり、ビットコインの入出金に対応するなど、ユーザーのための投資を惜しまないところも高評価です。

 

多くの日本人がマーケティングに携わっていることもあり公式サイトのクオリティも非常に高く、開示義務のないリクイディティプロバイダー情報を開示している点からも透明性は非常に高い業者であるといえるでしょう。

続きを読む…

最近当サイトに「Dynamic Trade(ダイナミックトレード)」という海外FXブローカーについて多くの問い合わせが寄せられています。

そこで管理人がDynamic Tradeを調査し、実際に口座を開設して取引してみました。ここではその所感をレビューしていきたいと思います。

 

結論から言うと、Dynamic Tradeのスペックはわざわざ口座するに値しないだろうと感じました。

というのも、

  • 日本語サポートは充実しているように見えて一向に繋がらない
  • 「タイトな固定スプレッド」をウリにしてるのにスプレッドは狭くないし、スキャルピングも不可
  • ハイレバで資金効率が魅力の海外FXでロスカット水準100%
  • 「信託保全」を謳ってるのに資金の保証を明記していない

続きを読む…

キプロスに拠点を置き、2012年に創業開始した振興ブローカーFXnet。

日本語サポートが充実していることから、口座を開設する日本人トレーダーが増えているようです。

きっとこのページをご覧のみなさんもFXnetの評判が気になって訪れた方が多いことでしょう。

そこで今回は、FXnetが本当に海外FX業者の中で競争力があるブローカーなのか、日本人に最もなじみの深いXMと比較しながら見ていきたいと思います。

「海外FX初心者の方にとってオススメできるブローカーなのかどうか?」

「海外FX中級者、上級者にとってはどうか?」

続きを読む…

カテゴリー