menu

INFINITYSPACE(インフィニティスペース)の評判は?徹底解説!

Q.海外FX歴2年のものです。

今までXMを利用してきましたが、もう少しスプレッドが狭く、レバレッジは1000倍程度の業者を探していたところ、INFINITYSPACEという海外FXブローカーを見つけました。

ネット上にあまり情報がないので、このブローカーの評判がいいのか悪いのか、わかりません。教えてください。

A.ご質問ありがとうございます。

結論からいうと、INFINITYSPACEは、

信頼性、安全性はほぼないに等しく利用する価値はない海外FX業者」です。

管理人がそう感じた理由を以下に記します。

INFINITYSPACE(インフィニティスペース)の特徴

infinityspaceのロゴ

信頼性・安全性はほとんどない

ライセンスがほぼ無価値

InfinitySpaceはセイシェル諸島の、SIBA(セイシェル国際ビジネス庁)という、ライセンスを取得しているとホームページ上には記載されています。

 

「海外FXブローカーは何らかの金融ライセンスを取得していれば信頼できる」と書いてあるサイトもたくさんありますが、実際はそうではありません。

金融ライセンスは各国の金融監督庁によって登録の基準が全く違うので登録の厳しいライセンスもあれば、激甘のライセンスもあります。

当然、持っているライセンスの登録の厳しければ厳しいほど、顧客資産の管理や、経営資金の水準なども高くなるので、信頼性が高くなる傾向にあります。

 

さて、前置きが長くなりましたが、InfinitySpaceが取得しているSIBAというライセンスは、投資家保護の効力はほとんどなく、最低限登録のFX業者が会社法を守って運営しているという意味でしかありません。

登録難易度でいえば、もっとも簡単な部類に入るライセンスでしょう。

このライセンスは顧客資金の保護をする義務もないため、(※)信託保全もつけていないでしょう。

また、ホームページ上には、顧客資金保護の項目がありません。(信託保全がついていない海外FXブローカーでも、顧客資金の管理状況は明記しているのが普通)

顧客資金と経営資金を分別して管理していない可能性も十二分に考えられます。

仮にInfinitySpaceが明日に倒産したとしても、資金が返ってこない可能性はおおいに考えれらます。

 

スペックを検討する前に、InfinitySpaceで口座開設するならば、資金が返ってこないリスクがあることを十二分に理解しておいたほうがいいでしょう。

(※)信託保全とは・・・FX業者が倒産した際に、投資家の資金は保護され、返金されるという制度

ホームページがとにかくあやしい

infinityspaceのホームページ

(クリックで拡大)

厳密にいえば、信頼性・安全性と直結する話ではありませんが、
InfinitySpaceのホームページはご覧いただければわかる通り、とにかく怪しくメンテナンスが全くされていません。

キャンペーンバナーがバレンタインキャンペーンのまま(現在は2016年4月25日)ですし、リンク切れも多数あります。

さらに、

FX稼ぐ宣言

というバナーもありますが、このリンク先(http://www.fxbeing.com/)を見てみると、1位どころかランクインすらしておらず圏外でした。

このままでいいのか?と首をかしげたくなる、メンテナンスの放置っぷりです。

 

ホームページがキレイだから良いというわけではありませんが、トレーダーと海外FXブローカーは、ネット上でのお付き合いがほとんど。

ここまで雑なのも考えものです。

 

レバレッジ1000倍だがロスカット水準は100%…

InfinitySpaceは、レバレッジ1000倍を売りにしていますが、ロスカット水準は証拠金維持率100%です。

仮にレバレッジ1000倍でポジションを持った場合、スプレッド分で証拠金維持率が100%を切ってしまいますので、ポジションを持ったと同時にロスカット。

レバレッジ1000倍は、実質お飾りであることがわかると思います。

 

また、休日をまたいでポジションを保有する場合は、通常の3倍の証拠金が必要という、恐ろしい決まりを設けています。

うっかり忘れてしまうと、プラス域のポジションにもかかわらず週明けにはロスカットからスタートしているという状況になってしまいますので注意が必要です。

 

入出金手段は不親切。手数料は高い。出金には数週間かかってしまう

入金に関して

InfinitySpaceの入金手段は、海外銀行送金か、クレジットカード入金、Netellerの3種類。国内銀行送金には対応していません。

海外銀行送金は

  1. 送金に使う銀行の窓口へ行って送金の依頼をする
  2. ホームページのフォームから「名前・ログインID・送金金額」を送信
  3. 着金まで1週間~2週間待つ

とすごく手間がかかってしまいます。

さらに海外銀行送金でかかる費用は全てトレーダー持ちです。

 

クレジットカード入金は、

クレジットカード入金に関するお知らせ

とあるように、実際に入金した額と、FX口座に入金される額に差異がでてしまう仕様のため、毎回入金ごとに「クレジットカード会社の明細書」を、InfinitySpace側に送らなければいけません。

出金(手段・手数料)に関して

銀行送金で入金した場合、着金には1週間~2週間程度かかり、手数料はInfinitySpace側でかかる送金手数料・受け取りの際にかかる着金手数料、両方ともトレーダー負担です。

また、クレジットカード入金では、着金になんと1か月半以上かかり、手数料は銀行送金と同じく、両方ともトレーダー負担。

 

着金手数料がトレーダー負担なのは、多くの海外FXブローカーでもそうですし理解できますが、業者側でかかる送金手数料もかかるなんて、ほとんど聞いたことがありません。

また、着金に1週間~2週間(クレジットカードの場合1か月半以上)かかるのも、他のブローカーに比べてかなり遅いですね。

 

約定スピードはそこそこ。ただしデモ口座よりも遅い

デモ口座はサクサク約定するのですが、リアル口座では取引量の多い時間帯(日本時間21時~23時ごろ)は、時々滑ります。

特に指標発表時などは、大幅に滑ることもあるので注意が必要です。

 

NDD方式ではなくDD方式

InfinitySpaceは、NDD(ノンディーリングデスク)方式ではなく、DD(ディーリングデスク)方式です。

ですので、トレーダーの注文がインターバンクに直結するわけでなく、一旦InfinitySpaceのディーラーディスクを通しての決済注文となります。

FXは個人の日本人投資家の9割が負けるといわれていますので、あくまで推測ですが実際は注文をほとんど通さずに呑んでいると思われます。

多くの海外FX業者がスプレッドが広い理由が、NDD方式を採用しており、スプレッドからしか利益を得ることができないから。

それにくらべ、DD方式を採用しているFX業者は投資家が損すればするほど儲かる仕組みになっているため、InfinitySpaceのようにスプレッドもギリギリまで絞ることができるんですね。

(NDD方式について詳しくはこちら→インターバンク直結 海外FXのNDD方式とは?

DD方式のFX業者は、勝つトレーダーは必要ありません。ですので悪徳なDD業者相手に、大勝ちしすぎると不利な約定が起こったりスプレッドが乖離したり、最悪のケースでは口座が凍結されたりすることがあります。

InfinitySpaceが上記のような悪徳なDD業者にあたるかどうかは定かではないですが、取引を続けていて少しでもそのような気配を感じたら資金を引き上げて撤退するのがベターだと思います。

 スプレッドはかなり狭い。優秀

infinityspaceはスプレッドは狭い
ここまでInfinitySpaceの悪いところばかりあげましたが、良いところもあります。

特に優れているのがスプレッド。

通貨ペア スプレッド
(固定・pips)
通貨ペア スプレッド(pips)
USDJPY 0.3(固定) EURUSD 0.5(固定)
GBPJPY 1.4 EURJPY 0.6
AUDJPY 0.7 GBPUSD 1.5
USDCHF 1.8 AUDUSD 1.7
USDCAD 2.2 EURCHF 2.0
NZDUSD 2.0 GBPCHF 3.3
EURAUD 3.3 AUDCHF 5.6
CHFJPY 1.9 EURGBP 2.1
AUDNZD 5.6 EURCAD 5.2
CADJPY 1.8 NZDJPY 1.5
ZARJPY 1.5 TRYJPY 4.0

上記の通り

  • ドル円0.3pips(固定)
  • ユーロ円0.6pips(固定)
  • ユーロドル0.5pips(固定)
  • ポンド円1.4pips(固定)

と、 全通貨固定でかなりの高水準です。

ただし、固定スプレッドといっても、経済指標時は、ひどいときで30pipsほどスプレッドが広がるときがありますので注意が必要です。

 

ちなみに、取引可能な通貨ペア数は全20通貨とかなりしぼっていますので、メジャー通貨のみでの取引となります。

FX TROLL(トロール)というInfinitySpace独特の取引ツールを利用

fxtrollという取引ツール

InfinitySpaceはMT4ではなく、独自のFX TROLLという取引ツールを使います。

実際に利用してみましたが、この取引ツールはかなり使いやすいです。MT4並とはいいませんが、チャート画面も見やすいですし、基本的なテクニカル指標はだいたい入れることができます。

MT4を採用していない海外FXブローカーでiForexがありますが、iForexの取引ツールよりも高性能と言えるでしょう。

ちなみに、ブラウザ版とPCダウンロード版、スマホアプリで利用することが可能です。

 

少しFX取引とは話題がそれますが、InfinitySpaceには、FX TROLLというバイナリーオプション取引を行うことができます。

ガッツリとバイナリーをやるなら、他の海外バイナリー業者のほうがスペックがいいので、利用したほうがいいですが、お遊びでやるならありだと思います。

InfinitySpaceの統括

最後の方には良い点も書きましたが、大前提として信頼性・安全性がほとんどない業者で、DD方式を採用している呑み業者であることは念頭に置いておいたほうがいいでしょう。

個人的にはこの時点で海外FXブローカーとして、どんなに素晴らしいスペックでも、口座開設の価値は一切ないと思っています。

しかし、そのリスクを踏まえたうえで、どうしてもレバレッジ1000倍で(見せかけですが)スプレッドが狭い業者がいい!というのであれば口座開設してみてもいいかもしれません。

以上、参考になれば幸いです。







海外FX比較.comのイチ押し海外FX業者はXM!
口座名 最大レバレッジ 日本語サポート ドル/円スプレッド 最小取引単価
888倍 1.0pips~ 100通貨

日本人トレーダー人気No.1!ボーナスも手厚い、ダントツおすすめの海外FX業者!

追証なしのゼロカットシステムを採用! 管理人が5年前からメインの海外FX口座として利用しているブローカー。 指標取引など値動きが大きい時間帯にも強いのが特徴! CFD、原油、金、株価指数など合計100銘柄以上の豊富な取引商品を取り揃える。
新規口座開設で全てのユーザーに30$の入金ボーナス 2017年10月限定!期間中のすべてのユーザーの入金額の100%をボーナス入金 +以降追加入金毎に+20%をボーナス入金2017年10月限定!100%入金ボーナスの詳細はこちら

kouzakaisetu XM(XEMarkets)の口座開設方法

カテゴリー