menu

日経平均225などCFD銘柄をハイレバレッジで取引するなら追証なしの海外FXがおすすめ

2015年も乱高下する日経平均。

2015年㋇の東証一部売買代金は6日連続で3兆円を上回っています。

3兆円越えの連続日数記録は、2013年の5月8日~6月7日の23日連続に次ぐ2番目の長さになるなど、株式市場は連日大賑わいです。

そんな現在大注目の日経225ですが、『GMOクリック証券』や『DMM証券』、『SBI証券』、『岡三オンライン証券』などの国内業者を利用して取引している方がほとんどでしょう。

国内FX業者を利用したCFD取引は日経225も取り扱っており、小さい単位から取引が可能な上、ほぼ24時間取引することができますからね。

しかし、みなさんの中には国内証券会社のレバレッジに物足りなさを感じている方もいるのではないでしょうか?

 

そんな方にオススメなのが海外FX業者を使って取引をすること。

 

実は海外FX業者では、日経平均225などのCFD銘柄もハイレバレッジで取引できるのです。

 

そこで今回は、海外FX業者で日経平均225を取引するメリットや、利用するならここ!というオススメのブローカーを紹介します。

 

大注目の日経225!取引するなら海外FX業者の方がメリット豊富!

冒頭でも述べましたが、海外FX業者の多くは日経225の取引を取り扱ってます。

しかも取引環境の良さは国内FX業者に勝るとも劣らないほど。ここではその根拠となる海外FX業者の特徴について説明します。

ハイレバトレードが可能

海外FX業者では100倍を超えるハイレバレッジで日経平均225を筆頭とするCFD銘柄を取り引きすることが可能です。

ハイレバレッジであるということは、国内FX業者で同額を取引した場合に必要な証拠金が少なくてすむということ。また裏を返せば、国内FX業者の場合と同額の資金を用意して海外FX業者で取引する場合、動かすことのできる金額も数倍は跳ね上がります。

資金運用の幅が広がりますね。

 

CFD銘柄でもゼロカットシステム対応で追証もなし!

ハイレバトレードはいわばハイリスク・ハイリターンの諸刃の剣。大きく利益を上げることができますが、その分取引に失敗したときのリスクも甚大になってしまいます。

しかし、海外FX業者にはFX口座の仕組みと同様、CFD銘柄でも追証はありません投入資金以上の損失は発生しないので存分にハイレバトレードを楽しむことができます。

(参考:FX海外口座では追証なしのゼロカットシステム)

 

豪華な入金ボーナス

海外FX業者はプロモーションにも力を入れており、多いところでは初回入金に対して100%のボーナスを提供している業者もあります。

ボーナスがもらえるということは単純に取引資金が増えるということ。ハイレバトレードとの相性はバッチリです。

 

このように海外FX業者はハイレバレッジトレードを軸として、それを支えるシステム、キャンペーンも充実しています。

日経225にオススメはXM(エックスエム)!取引環境は国内FX業者を圧倒

日経225を取り引きするのに、当サイトのイチ押し海外FX業者はXM(エックスエム)です。

→XM(XEMarkets)の口座開設はこちらから

国内FX業者大手のDMM.comと比較してみます。

 日経225取引における比較項目 XM DMM証券
最大レバレッジ 200倍 10倍
100単位あたりの証拠金必要額 9,000円 200,000円
スプレッド 7円 7~9円
 追証の有無    有
 ロスカットレベル 20%  50%
 スマホ対応  有  有
クレジットカード入金 対応 非対応
ボーナス
取引ツール MetaTrader4 専用ブラウザ・専用ツール

最高レバレッジは国内業者の20倍!

まず特筆すべきはやはりレバレッジ。

最大レバレッジ10倍のDMMに対して、XMの最大レバレッジは200倍。

資金に対して利益効率が高いのがXMで日経225を取引する上での最大のメリットです。

もちろん、ハイレバレッジで取引できるということは必要証拠金額もその分少なくてすむため、国内FX業者で取引している量のと同規模の取引が、XMでは20分の1の資金でできるというわけですね。

 

日経225のスプレッドは海外FX業者も高水準!その最たるものがXM

海外FX業者といえば、スプレッドが広いイメージが蔓延していますが実はそんなことはありません。

特にXMは日経225をはじめとするCFD銘柄に力を注いでいるため、国内FX業者で最もスプレッドが狭いDMMと比べても遜色ありません。

 

ロスカットレベルがタイト!取引のアクティビティも心配無用

超ハイレバレッジトレードは常にロスカットの恐怖と背中合わせ。わずかな値動きで証拠金維持率が大きく減少してしまうこともあります。

そのため、ロスカットレベルが高いとすぐに強制決済されてしまい、満足に取引を続けることができません。

でも、XMではそのような心配は不要。最高200倍というハイレバレッジのわりに、ロスカットレベルは20%と低く設定されています。

つまり、XMではノイズによってロスカットされてしまうような事態は起こりにくいということ。

ハイレバでアクティブな取引を行うことができます。

 

もちろん追証もなし!

前述のとおり、海外FX業者のほとんどは追証がないのですが、XMも例外ではありません。

海外FXのスタンダードをしっかり採用しており、XMでもトレーダーが投入資金以上の損失を被らないようなシステムが整備されてます。

 

スマホ対応!MT4で操作性も◎

XMでもDMMと同様にスマートフォンで取引・決済することが可能です。

また、国内業者はその業者専用のプラットホームで取引をしなければいけませんが、海外FX業者はMT4対応のためFX口座で他のFX通貨ペアと同様の形でそのまま取引することができます

 

 

海外FX業者であるXM(エックスエム)が、日経225における取引面や機能面で国内業者を圧倒しているのはご理解いただけたかと思います。

 

→XM(XEMarkets)の口座開設はこちらから

 

ここまで良いことばかり書いてあれば逆に不安になると思いますが、CFD取引においてXM(エックスエム)は国内業者であるDMM証券と比較して劣っているところが見当たりません。

 

スペック以外の部分で一つあげるとしたら【安心して口座を利用できるかどうかの海外FX業者の信頼性】の部分ではないでしょうか。

 

やはり はじめて海外FX業者を利用しようとしている方にはまだ海外FX業者に対する心理面での不安が残存していることでしょう。

しかし、しかし、XMではそのような心配はいりません。信頼性と安全性は、海外FX業者の中でも頭1つ抜けています。

 

初心者でも恐れること勿れ!安全と信頼、日本語サポート充実のXM

信頼性の根拠となるのは保持ライセンスの多さ

XMは、審査が非常に厳しいとされているイギリスを初め、欧州を中心に12か国の金融機関からライセンスを取得しています。

【XMのライセンス保持国とその金融機関】

所有国 種類
イギリス FCA
キプロス CySEC
ニュージーランド FSP
ドイツ BaFin
スペイン CNMV
オランダ AFM
スウェーデン FI
フィンランド FIN
フランス ACP
ハンガリー PSZAF
イタリア CONSOB
ポーランド KNF

審査が非常に厳格とされている、FCAを筆頭に世界各国でライセンスを取得しています。

150名以上のスタッフを抱え、196ヶ国でブローカー活動をしているので企業としての基盤も分厚く安定しています。

 

安全性の根拠になるのは信託保全

日本のFX業者では義務の信託保全。信託保全によって、万が一FX業者が倒産した場合に口座の資金が保障されます。

ただ残念なことに、海外FXではライセンス取得時に信託保全をつける義務がないため、業者のほとんどにはこの信託保全が用意されていないのが現状です。

しかしXMは例外で投資家補償基金(ICF)に登録しており、仮に破たんしてしまったとしても最大2万ユーロ、日本円にして約260万円まで補償してくれます。

 

細やかな日本語サポートで、英語が苦手な方でも安心

XMでは、公式サイトをはじめ、プラットホーム・取引ツールなど完全に日本語対応しており、登録時はすべて日本語で完結します。

また利用の際に不明点が生じた場合は、解決に向けて日本人スタッフと電話やメール、チャット等でやりとりができます。

 

これらからわかるように、XM(エックスエム)は非常に信頼性が高い業者と言えます。

ただし、信託保全は全額ではないので万が一のことを考えて260万円以上を預け入れることは避けたほうがいいかもしれません。

 

なにも日経225だけじゃない!海外FX業者でも他のインデックス株の取引も可能

海外FX業者で取引できるCFD銘柄は、日経225だけではありません。

ダウ平均やナスダックなどのインデックス株の取引も海外FX業者を通じて行うことが可能です。

参考までに、本ページで紹介したXMが取り扱っている主要インデックス株について紹介します。

  • ダウ/USD
  • ナスダック/USD
  • EU Stocks50/EUR
  • フランス40/EUR
  • スイス20/CHF
  • 中国H Shares/HKD

これらのインデックス株についても、日経225と同様に、海外FXのメリットを活かして取引することができます。

その他にも、

  • ココアやコーンなどの商品先物取引
  • 金や銀などの貴金属取引
  • 原油や天然ガスなどのエネルギー取引

と、多くのCFD銘柄を追証なしハイレバレッジで取引することができます。

 

→XM(XEMarkets)の口座開設はこちらから

 

CFD取引をするなら、一度海外FX業者を使ってみるべき

FX通貨はどうしても国内業者の方がスプレッドが狭いので国内FX業者を利用したほうがいい場合もありますが、ことCFD銘柄に関しては海外FX業者は本当に優れています。

海外FXを利用することで、国内業者並の優秀なスプレッドを温存しつつ、国内業者とは比べ物にならないハイレバレッジで取り引きすることができる上、ゼロカットシステムによってリスクヘッジもされています。

先ほど紹介したXM(エックスエム)は最初に入金しなくても、3000円のリアルトレード可能なボーナスがつくので試しに口座開設をしてみても良いかもしれません。







海外FX比較.comのイチ押し海外FX業者はXM!
口座名 最大レバレッジ 日本語サポート ドル/円スプレッド 最小取引単価
888倍 1.0pips~ 100通貨

日本人トレーダー人気No.1!ボーナスも手厚い、ダントツおすすめの海外FX業者!

追証なしのゼロカットシステムを採用! 管理人が5年前からメインの海外FX口座として利用しているブローカー。 指標取引など値動きが大きい時間帯にも強いのが特徴! CFD、原油、金、株価指数など合計100銘柄以上の豊富な取引商品を取り揃える。
新規口座開設で全てのユーザーに30$の入金ボーナス 2017年10月限定!期間中のすべてのユーザーの入金額の100%をボーナス入金 +以降追加入金毎に+20%をボーナス入金2017年10月限定!100%入金ボーナスの詳細はこちら

kouzakaisetu XM(XEMarkets)の口座開設方法

カテゴリー