menu

海外FX口座の10つのメリット!海外FXを選ぶべき理由を解説。

海外FXのメリットを嘘偽り・誇張なくまとめてみました

本記事では海外FXのメリットについて海外FX歴10年の管理人が解説しています。

「海外FXのどこが国内FXより優れているのかわからない」という思いを抱えている方にこそ、目を通していただきたいです。

 

関連記事:FX海外口座、7つのデメリットとリスク

1.平均400倍のハイレバレッジで効率良く稼げる

国内FXでは2011年の規制により、最大レバレッジが25倍にまで制限されていますよね。

しかし海外FXでは国内の規制は関係ないので、平均400倍ものハイレバレッジをかけることができます。

 

レバレッジが高くなればなるほど、「少ない証拠金で多くのポジションを持てる」ようになります。

以下の表を見てください。

【レバレッジ別、1万通貨をポジるときに必要な証拠金】

最大レバレッジ ドル円
(110円)
ユーロ円
(130円)
ポンド円
(160円)
25倍 44,000円 52,000円 72,000円
50倍 22,000円 26,000円 36,000円
100倍 11,000円 13,000円 18,000円
200倍 5,500円 6,500円 9,000円
400倍 2,750円 3,250円 4,500円
800倍 1,375円 1,625円 2,250円
1,000倍 1,100円 1,300円 1,800円
2,000倍 550円 650円 900円

国内FXの最大25倍では、ドル円110円のときに1万通貨持つのには44,000円もかかってしまいます。

一方で海外FXの平均400倍だと、たった2,750円(国内FXの16分の1)で同じだけポジれるんですね。

 

少ないお金でも大きくポジれる海外FXのほうが資金効率が良いのは明らか。

特に少額しかFXにお金を使えないトレーダーこそ、海外FXを選ぶのがオススメです。

 

関連記事:海外FXの1番の魅力は、なんといっても最大レバレッジ

 

2.追証なしのゼロカットシステムで最大損失は「入金額まで」

海外FXでは追証(追加証拠金)が発生しません

最大損失はどこまでいっても「入金額まで」です。

  • スイスフランショック
  • ブレグジット
  • 東日本大震災
  • リーマンショック

上記のような世界規模の有事により相場の急変動が発生すると、あまりの注文量にサーバーが耐えきれずダウンしてしまい、ロスカットは執行されません。
サーバーが復旧して自分の口座残高を見ると、マイナス数百万円~数千万単位のとんでもない残高になっていたというケースも多々起こります。

口座残高がマイナスになると、業者から「ゼロに戻るまで追加で証拠金(追証)を入れてくれ」と命令されてしまうことに…。

 

しかし海外FXには「ゼロカットシステム」という、マイナス口座をゼロに戻してくれる神の制度が存在します。

なので仮に有事で1億のマイナスをつくろうが、すべてゼロにリセット。
失うのは口座に入れていたお金のみで済みます。

FX取引における借金は絶対に発生しない」ので、リスクもかなり限定されているのが海外FXというわけです。

 

一方、国内FXでは追証が発生するため、口座残高マイナス分は借金扱い。
必ず返済しなければなりません。
(ちなみに追証の扱いは、カードローンやキャッシングと同じなので、支払えない場合は、資産の差し押さえ対象になります。。。)

関連記事:FX海外口座では追証なしのゼロカットシステム

 

3.かなり豪華なボーナスキャンペーン

国内FXでも初回入金に対して、だいたい5,000円、多くて20,000円ほどのキャッシュバックがありますよね。

しかし海外FXのボーナスは、国内FXとは比べものにならないくらい豪華です。

 

特に目を惹くのが「入金ボーナス」。
入金した金額の○%分(※)の金額が、取引に使える証拠金として与えられます。
(※)提供している業者によって○%の部分は変動します。

 

例えば100%入金ボーナスを設定している業者に5万円入金したら、5万円分のボーナスが与えられるわけです。

純粋に証拠金が倍増するので、レバレッジで動かせる金額も倍になり、より大きく稼ぐチャンスが生まれます

 

以下が入金ボーナスを提供している海外FXの一例です。

業者 ボーナス倍率 受取ボーナス上限 最低入金額 適用期間
xmのロゴ 100%⇒20%(※) 500$(5万円相当)⇒4,500$(50万円相当) 5$
(500円相当)
なし
(上限額を受け取るまで)
LAND-FX 100% 5,000$
(50万円相当)
100$
(10,000円相当)
なし
(上限額を受け取るまで)
iForex 口座開設 100% 1,000$
(10万円相当)
100$
(10,000円相当)
初回入金のみ
FBSのバナー 100% 20,000$×2
(200万円相当×2)
100$
(10,000円相当)
2回目の入金まで

(※)XMは500$の入金までは100%、その後の入金は20%の倍率が適用されます。

受け取ったボーナスをそのまま出金することはできませんが、ボーナスを使った取引で出した利益は出金することができます

口座開設ボーナスやトレーディングボーナスもあり!

入金ボーナス以外にも、

  • 口座開設(未入金)ボーナス⇒口座を開設するだけで受け取れるボーナス
  • トレーディングボーナス⇒取引するたびにボーナスor現金と交換できるポイントが溜まる

といった様々なボーナスを提供している業者もあります。

 

関連記事:ボーナスキャンペーンを提供している海外FX業者まとめ

 

4.NDD方式が主流で取引の透明性が高い

海外FXでは「NDD方式」と呼ばれる取引方式が採用されている業者がほとんど。

一方、国内FXは「DD方式」という取引方式が主流です。

2つの取引方式の違いは以下。

  • NDD方式⇒取引に対するディーラーの介入は一切なし
  • DD方式⇒取引にディーラーが介入することがある

ディーラーの介入が起こり得るDD方式では、業者とトレーダーの利益が相反してしまうことがあります。
そうなると最悪の場合、ディーラーに不当な操作で「負けさせられてしまう」可能性も否定できません。

 

NDD方式では、ディーラーの介入が一切ないので、取引の透明性は高くなります。
言ってしまえば、取引に自分の腕前がそのままきちんと反映されるんですね。

なにも余計な疑心を抱くことなく、集中して取引に励めます。

 

関連記事:海外FXのNDD方式とは?DD方式との違いも解説【インターバンク直結】

 

5.海外FXはスキャルピング規制もゆるい!

国内FXではスキャルピング(超短期売買)を禁止している業者も多数存在します。

これはDD方式だと、スキャルピングに対するディーラーの対応が追いつかないことが理由です。

 

NDD方式の海外FXでは、スキャルピングし放題

業者のキャッシュポイントがスプレッドしかないNDD方式だと、スキャルピングは歓迎すべきことです。

実際にTitanFXAxioryのように、取引制限一切なしを銘打っている業者も多々あります。

裁量でも自動でも、いくらでも超短期売買を繰り返してOKです。

 

関連記事:海外FXでスキャルピングに最適な業者は?

 

6.クイック口座開設に対応!即日で海外FXを始められる!

海外FXは国内FXよりも、口座開設までの時間がかなりスピーディ。

早い業者だと10分、遅くても2~3日あれば口座開設できるところがほとんどです。

口座開設に必要な書類も、

  • 本人確認書類⇒運転免許証・パスポートなど
  • 現住居確認書類⇒公共料金の請求書・クレジットカードの請求書

など、カンタンに用意できるものばかり。

ネット環境さえあれば、すべてが家の中で完結します。

 

国内FXの場合は、上記の書類に加え、マイナンバーカードの提出も必須。

マイナンバーを持っていない場合は、役所に申請に行ってから手元に届くまで2~3週間かかります
それだけ口座開設も遅れるのでやっかいです。

 

関連記事:海外FX簡単口座開設比較ランキング

関連記事:【海外FX】マイナンバー制度でFXの口座開設はどう変わる?【マイナンバー不要】

 

7.多彩な入金方法を用意!クレジットカード&ビットコインで即時入金OK!

多くの海外FXでは、スムーズに取引を始められるように多彩な入金方法を用意しています。

  • クレジットカード
  • ビットコイン
  • 国内銀行送金
  • 海外銀行送金

特に便利なのがクレジットカードとビットコイン。

どちらも即時、長くても30分ほどあれば口座へ入金が反映されます。

また、わざわざ銀行まで行かなくても、ネット環境さえあればそのまま入金できるのも便利なポイントです。

すぐに取引を始めたい人はクレジットカードかビットコイン入金を検討しましょう。

 

関連記事:海外FXの入金方法・手数料

関連記事:【画像付き】海外FXのビットコイン入金・出金をまとめ!イチから丁寧に解説

 

8.ほぼすべての業者がMT4に対応!どの業者でも同じように取引できる。

国内FXでもちらほらMT4を導入しているところは出てきましたが、まだまだ業者独自のプラットフォームを採用しているところがほとんど。

一方海外FXでは、ほぼすべての業者でMT4を導入しています。

MT4は世界中で1番採用されている取引プラットフォームです。

  • 直感的な操作が可能で使いやすい
  • ワンクリックで注文OK
  • 自分好みにチャートをらくらくカスタマイズ
  • 50のインジケーターが標準装備
  • EA(自動売買システム)も利用可能

といった多数のメリットがあります。
PCだけでなく、スマホアプリもあるので、いつでもどこでも気軽に取引できるのも魅力です。

また使い方はどの業者でも共通なので、業者によっていちいち使い方を覚える手間もかかりません

 

関連記事:MetaTrader 4(メタトレーダー)を使うメリットは?

 

9.取扱通貨ペアが豊富!自分好みの通貨ペアを探し放題。

海外FXは国内FXと比べて、かなり取扱通貨ペアが豊富です。

XM TitanFX 外為どっとコム GMOクリック証券
57ペア 63ペア 20ペア 19ペア

実際に比較してみても、海外FXのほうが、3倍ほど多く通貨ペアを取り揃えています。

メジャー通貨はもちろん、値動きの激しいマイナー通貨ペアまで楽しむことができるので、意外なお宝通貨ペアを発見できることもあります。

  • ポンド豪ドル
  • ドルトルコリラ
  • ユーロトルコリラ

例えば上に挙げた3つはとても激しい値動きをするので、腕に自身のある方は取引してみてください。

 

10.CFD取引もFXと同一口座でOK!話題のビットコイン取引も!

海外FXではFXと同じ口座で、CFD取引(コモディティ・株式指数・貴金属・エネルギー)もできます。
アベノミクスの影響で日経225なども、そのままFX口座で取引OKなんですね。

国内FXの場合は、新しく口座開設しなければなりません。

同一口座で取引できる以外にも、

  • 最大レバレッジは200倍ほど(国内はレバ規制あり)
  • CFD取引でも追証は一切なし
  • スプレッドも国内FXと遜色ない水準
  • 取扱銘柄が豊富

といったメリットがあります。

CFD取引にも興味があるのなら、海外FX一択です。

 

またXMBIGBOSSでは、最近話題のビットコイン取引にも対応し始めました。

もちろんFXと同一の口座(※)で取引することができます。

(※)XMではMT5口座しかビットコインに対応していないので、MT4口座の方は新しくMT5口座を開設する必要があります。

 

関連記事:日経平均225などCFD銘柄をハイレバレッジで取引するなら追証なしの海外FXがおすすめ

 

メリットを理解して納得した上で海外FXを始めよう!

上述してきたように、海外FXには国内FXを上回るメリットがたくさんあります。

今まで国内FXにどっぷり浸かっていた方も「あれ?海外FXのほうが良さそう…」と感じたのではないでしょうか。

海外FXに興味を持たれた方は「FX海外口座総合人気ランキング」を参考に、業者を選んでみてください。

 

関連記事:FX海外口座、7つのデメリットとリスク







海外FX比較.comのイチ押し海外FX業者はXM!
口座名 最大レバレッジ 日本語サポート ドル/円スプレッド 最小取引単価
888倍 1.0pips~ 100通貨

日本人トレーダー人気No.1!ボーナスも手厚い、ダントツおすすめの海外FX業者!

追証なしのゼロカットシステムを採用! 管理人が5年前からメインの海外FX口座として利用しているブローカー。 指標取引など値動きが大きい時間帯にも強いのが特徴! CFD、原油、金、株価指数など合計100銘柄以上の豊富な取引商品を取り揃える。
新規口座開設で全てのユーザーに30$の入金ボーナス 2017年11月限定!期間中のすべてのユーザーの入金額の100%をボーナス入金 +以降追加入金毎に+20%をボーナス入金2017年11月限定!100%入金ボーナスの詳細はこちら

kouzakaisetu XM(XEMarkets)の口座開設方法

カテゴリー