menu

英語ができなくても大丈夫なのか

海外FX口座開設には英語が必要?

海外FX業者で口座を開設する際、気になるのが言葉のハードルが高いという点だと思います。「海外」FXと言われると、『英語ができなくても口座開設できるのか?』『取引ツールを使いこなせるのか』『サポートは日本語なのか』など、不安に思うことでしょう。結論からいうと当サイトで紹介している海外FX業者では、英語が全くできなくても全く問題はありません。全ての海外FX業者が口座開設から、日本語サポート、日本語取引システムに対応しているため、実際に口座開設から、取引まで、英語ができない方でもスムーズに取引開始できます。

在籍日本人スタッフによる丁寧な日本語サポート

各海外FX業者にはサポートに専属の日本人スタッフが在籍しているため、みなさんの問い合わせに対して日本語で応対してもらえます。在籍日本人スタッフの数が多いほど、その業者の日本語サポートは手厚いといえるでしょう。例えばXMの場合、総勢10名以上の日本人スタッフが在籍しているためサポートからの日本語レスポンスには定評があります。

主なサポートへの問い合わせ方法としては、以下の3点が挙げられます。

  • 電話
  • メール
  • ライブチャット

これらの手段を通じてサポートと日本語でやり取りできるので英語が苦手な方でも安心ですね。気になること・わからないことがあれば遠慮なくサポートに問い合わせてみましょう。業者によってサポート内容などが異なりますので、日本語サポート比較ランキングを参考にしてください。

公式サイトは完全日本語化

当サイトで紹介している海外FX業者の公式サイトは全て日本語で記載されているので、その業者の取引概要、取扱い通貨ペアなどはすべて日本語で確認できます。また、口座開設ページも入力項目などはすべて日本語で記されているので、海外FX初心者の方でも簡単に登録できるでしょう。

万が一口座開設がスムーズにできなかったとしても、当サイトでは各業者について口座開設方法を詳しく解説していますのでそちらを参考にしていただければ万全です。

日本語対応の取引システム

海外FXでは、ほぼすべての業者でMT4プラットホームが導入されています。MT4の標準機能には主要言語設定で「日本語」を選択できるようになっているので、取引において英語が必要になってくる場面はほとんどありません。

また、MT4以外の取引プラットフォーム(iFOREXのFXnetやFxProのcTrader)も表示言語を日本語に切り替えることができるので国内FX業者のプラットホームと遜色なく使いこなすことができるでしょう。

海外FX業者が日本人向けな理由

なぜ海外FX業者はこれほど充実した日本人サポート体制を敷いて、日本市場に注力しているのでしょうか?

海外FX業者は新たに日本人顧客を獲得することがビジネスチャンスだと捉えています。国内FX業者のレバレッジが制限されてしまい、日本人の目がハイレバレッジの海外FXに向いている今が千載一遇の好機なのです。

日本人トレーダーに自分の業者を選んでもらうために日本人が取引しやすい環境を整えているというわけなんですね。

海外FXに英語は不要なのでご安心を

  • サポートに日本人スタッフ在籍
  • 公式サイト・口座開設フォームが日本語対応
  • 取引システムが日本語対応

もちろん英語ができるに越したことはありませんが、上記の理由から海外FXは口座開設から取引まですべて日本語で完結しています。海外の業者だからといって言葉のハードルを気にして身構える必要はありません。海外FX業者でも国内業者さながらの日本語取引環境が整っています。

 







海外FX比較.comのイチ押し海外FX業者はXM!
口座名 最大レバレッジ 日本語サポート ドル/円スプレッド 最小取引単価
888倍 1.0pips~ 100通貨

日本人トレーダー人気No.1!ボーナスも手厚い、ダントツおすすめの海外FX業者!

追証なしのゼロカットシステムを採用! 管理人が5年前からメインの海外FX口座として利用しているブローカー。 指標取引など値動きが大きい時間帯にも強いのが特徴! CFD、原油、金、株価指数など合計100銘柄以上の豊富な取引商品を取り揃える。
新規口座開設で全てのユーザーに30$の入金ボーナス 2017年9月限定!期間中のすべてのユーザーの入金額の100%をボーナス入金 +以降追加入金毎に+20%をボーナス入金2017年9月限定!100%入金ボーナスの詳細はこちら

kouzakaisetu XM(XEMarkets)の口座開設方法

カテゴリー