menu

XMの取引シグナルってどうよ?メリット・デメリットから使い方まで解説。

XMの取引シグナルについて徹底的にまとめました

本記事では、XMの取引シグナルについて解説しています。

結論からいうと、取引シグナルは「全然取引ノウハウのない初心者」にこそ利用していただきたいサービス。
完全無料でプロのトレーダーがどういう理論で取引しているのかを学べます。

XMを利用する海外FX初心者の方は、本記事を一読し、ぜひ一度利用してみてください。

関連:XMの評判、管理人レビューはこちら

関連:XMの公式サイトはこちら

XMの取引シグナルってどんなサービス?

 

XMの取引シグナルとは「プロのトレーダーが取引すべきタイミング・手法を教えてくれる」サービスです。

ガチプロのFXトレーダーが、その日の市場分析を行い、どういう状況・タイミングでどのような取引をするのかを教えてくれるんですね。

FX初心者ほど勘や感覚ベースで取引することが多いです。
しかし勘や感覚ベースで勝ち続けられるほどFXは甘くありません。

「FXは9割負ける」と言われるのは、初心者が勘や感覚で取引しつづけるからです。

本当に勝ちたいのであれば「プロの真似」をするのが1番の近道。

明確な理論に基づいたプロの真似をすることで、勝率をカンタンに上げれる可能性があります

 

XMの取引シグナルで得られる情報

xmのUSD/JPYの取引シグナル

上記の画像は、実際に取引シグナルで提供される情報です。

  • 現在のチャートのトレンドと状況
  • サポートラインとレジスタンスライン
  • プロトレーダーの思考コメント
  • 持つべきポジションと取引できる確率
  • エントリー・利確・損切りの値

上記の5つを知ることができます。

 

トレンドと状態

xm取引シグナルのトレンドと状態

現在のチャートのトレンドとチャートを端的に表してくれています。

  • トレンド:現在の相場の流れのこと
  • 状態:商品が買われているのか売られているのか(中立なら買いと売りが半々くらい)

上の画像では、60分足チャートの取引シグナルが今後の3日間を、トレンドが「弱い下降」、状態が「中立」を示しています。

 

サポート&レジスタンス

xm取引シグナルのサポートラインとレジスタンスライン

サポート&レジスタンスとは、サポートラインとレジスタンスラインのことです。

  • サポートライン(下値支持線):チャートの底値から水平に引くことができるライン
  • レジスタンスライン(上値抵抗線):何度も高値の更新を妨げている価格帯に水平に引けるライン

どちらも多くのトレーダーが注目するラインです。

なぜならサポートラインとレジスタンスラインは、今後の大きなトレンドを見極める上で重要なラインになるから。

例えばレンジ相場だったものが大きくサポートラインを割り込んだ場合は、大幅下落の兆候になります。
「買い」だったトレーダーが一気に反対売買に出ること、安値更新のため「売り」に出るトレーダーが多くなることが見込めるからですね。

初心者の方でも、この2つのラインは最低限見ておくことを強くオススメします。

 

コメント

xm取引シグナルのプロトレーダーのコメント

コメントでは、取引シグナルを発信しているAvramis Despotis氏が現在のチャートを分析し、自分がどういうトレードをするのか述べています。

プロがどういう思考で取引するのかが凝縮されているので、1番参考にすべき部分です。

「売り」と「買い」どちらなのか。チャートがどう動くのを待っているのか。
これらを直感的に理解するだけでも構いませんが、「なぜその考え方なのか」を理解するようにしましょう。

 

ポジション&取引の確率

  • 買いと売りどちらでポジるか
  • 今現在の相場でポジるのかどうか

この2つを表しています。

仮に取引の確率が「-」だった場合は、まだポジるべき状況ではないということ。
まだ待ちのスタンスであることがわかります。

つまり、場合によってはポジれないこともわけですね。

「稼ぐためにはポジらないと…!」という気持ちもわかりますが、なんでもかんでもポジれば勝てるわけではありません。
勝率の高いチャートになるまで待つ」ことも大切です。

「あえてポジらない」という考えは一朝一夕で身につくものでありません。

取引シグナルでポジらないタイミングまで学べるのは管理人的にすごく大きいかと思います。

 

エントリー、利益確定&損切りレベル

エントリーの際はIFO注文で利確・損切りラインを入れる

この項目は非常にシンプルで、エントリー・利確・損切りのタイミングを詳細な値で教えてくれます。

極論を言うと、この項目だけ見てIFO注文(※)を入れておけばOK

  • エントリー:112.20
  • 利確:113.00
  • 損切り:110.70

例えば上記の値が記されていれば、この数値通りにIFO注文を入れておけば、あとは自動で売買してくれます。

(※)IFO注文について

IFO注文とは、新規エントリーが約定した際に、利確のための指値注文と損切りのためのストップ注文を入れる注文方式です。

ただし設定した指値注文とストップ注文が有効になるのは、あくまでも新規エントリーが約定した場合に限ります。

 

XMの取引シグナルで利用できる商品

XMの取引シグナルは10種類の商品・通貨ペアに対応

取引シグナルで提供されている商品はメジャー通貨ペアや有名CFDになります。

【対応している通貨ペアと平均スプレッド】

平均スプレッド
USD/JPY 1.8pips
EUR/JPY 2.4pips
GBP/JPY 3.8pips
EUR/USD 1.7pips
GBP/USD 2.5pips
AUD/USD 1.7pips

【対応しているCFD商品】

  • GOLD
  • OIL
  • US30
  • NIKKEI(JP225)

パット見で物足りなく感じるかもしれませんが、初心者の方は素直な値動きをするメジャー通貨で取引したほうが良いので、これで十分だと思います。

 

XMの取引シグナルの配信時間

XMの取引シグナルは配信時間が決まっています。

【モーニングコール】

  • サーバー時間(GMT+2):10:00~10:30
  • 日本時間:16:00~16:30

【アフタヌーンコール】

  • サーバー時間(GMT+2):16:00~16:30
  • 日本時間:22:00~22:30

この時間以外は見ることができないので、気をつけてください。

 

XMの取引シグナルのメリット3つ

1.プロの真似をするだけで稼げる

XMの取引シグナルを使えば見よう見まねでも稼げる

シンプルに1番大きいメリットは「自分の頭で考えなくて良いこと」でしょう。

プロが手法を提示してくれるので、それを真似するだけでも稼ぐことはできます。
(※)もちろん100%すべての取引で勝てるわけではありませんが…。

「どうトレードすれば良いかわからない」
「いつも適当に売買して負けてしまう」

という方こそ、1度取引シグナルを元に取引してみましょう。

 

2.プロのノウハウを吸収して自分のものにできる

XMの取引シグナルを使えばプロのノウハウがストックできる

実際にプロの思考を直接知ることができるので、取引シグナルを毎日見るだけでノウハウはどんどん溜まっていきます。

FXでは自分なりの手法を確立するのが稼ぐ近道

というのも、個々のトレーダーごとに条件はまったく異なるからです。

  • 投資できる資金
  • 利用できる時間(専業か副業か)
  • いくら稼ぎたいのか

などなど、全然違ってきますよね。

しかしFX取引の基本的な考え方すらわからないのに、自分の手法もへったくれもありません。

スポーツでもなんでもそうですが、まずはその道のプロに習うのが1番成長が早いです。

取引シグナルを毎日見ることで、プロの思考を覗けるのはあなたのノウハウを蓄積する上でかなり有益なことでしょう。

 

3.無料なのでお金は一切かからない

XMの取引シグナルは「完全無料」で利用できます。

有料でプロトレーダーの情報を配信していることは多々ありますが、無料は中々ありません。

まったくお金をかけずにプロトレーダーの知識を吸収できるのは大きいですね。

関連:XMの評判、管理人レビューはこちら

関連:XMの公式サイトはこちら

 

XMの取引シグナルのデメリット2つ

1.取引の手法が限定される

XMの取引シグナルはスイングトレード向き

取引シグナルでは、

  • 60分足チャート(今後3日間)
  • 240分足チャート(今後3週間)
  • 日足チャート(今後3ヶ月)

という比較的長めの期間を予想します。

なので、スキャルピングやデイトレード向きではありません
※ぎりぎり60分足でデイトレできるかなというくらい。

どうしてもスイングトレードよりになってしまいます。
ガンガン取引して細かい利幅を抜いていくというよりは、チャートに長時間貼り付けない人がピンポイントでプロ並みのトレードをするためのものなんですね。

しかしどのトレードであっても、基本的な考え方は変わりません
取引シグナルのコメントに書かれている考え方は、すべてのトレードで応用できます。

慣れてきてノウハウが溜まってきたら、自分なりにスキャやデイトレに生かしてみましょう。

 

2.いちいちマイページにログインするのがめんどう

XMの取引シグナルを見るには毎日XMのマイページにログインする必要がある

取引シグナルを利用するには、毎回XMのマイページにログインしなければなりません

メルマガみたいに自動でお知らせが届くわけではないんですよね。
しっかり決まった配信時間にログインするのは、存外面倒です。

 

XMの取引シグナルの利用方法

1.マイページへログインする

XMのマイページログイン画面

まずはXMのマイページへログインしましょう。
ちょっとめんどくさいですが、毎回この工程は踏む必要があります。

ただし上述しましたが、取引シグナルを見ることができるのは、

  • 16:00~16:30(日本時間)
  • 22:00~22:30(日本時間)

の間なので注意しましょう。

 

2.マイページで「取引シグナル」の項目をクリック

マイページで取引シグナルの項目をクリック

マイページの右下の方に「その他のサービス」という項目があります。

その中の「取引シグナル」という項目をクリックしてください。

 

3.自分が取引したい通貨ペア・CFD商品を選択する

実際に自分が売買したい通貨ペア・CFD商品を選択します。

選択するとPDFがダウンロードされます。

ちなみに時間外であってもPDFはダウンロードできますが、閲覧できる時間帯が表示されるだけなので意味はありません。

 

取引シグナルを利用して取引手法を確立しよう

XMの取引シグナルを活用して自分の手法に落とし込むことが大切

XMの取引シグナルはプロの取引を、そのまま実践できる優れたサービスであることは間違いありません。

しかし1つだけ注意点があります。

それは「取引シグナルを参考にトレードしても100%勝てるわけではない」ということ。
専業のプロトレーダーだろうが、勝率100%は不可能です。

繰り返しになりますが、大切なのは「プロの真似をすることではなく、プロの考え方を自分の中に落とし込む」ことです。

XMの取引シグナルでプロの思考を理解して、自分のトレード手法を確立することが上達のカギだと思います。

関連:XMの評判、管理人レビューはこちら

関連:XMの公式サイトはこちら







海外FX比較.comのイチ押し海外FX業者はXM!
口座名 最大レバレッジ 日本語サポート ドル/円スプレッド 最小取引単価
888倍 1.0pips~ 100通貨

日本人トレーダー人気No.1!ボーナスも手厚い、ダントツおすすめの海外FX業者!

追証なしのゼロカットシステムを採用! 管理人が5年前からメインの海外FX口座として利用しているブローカー。 指標取引など値動きが大きい時間帯にも強いのが特徴! CFD、原油、金、株価指数など合計100銘柄以上の豊富な取引商品を取り揃える。
新規口座開設で全てのユーザーに30$の入金ボーナス 2017年12月限定!期間中のすべてのユーザーの入金額の100%をボーナス入金 +以降追加入金毎に+20%をボーナス入金2017年12月限定!100%入金ボーナスの詳細はこちら

kouzakaisetu XM(XEMarkets)の口座開設方法

カテゴリー