menu

XMのスプレッドって広いの?全通貨ペアのスプレッド一覧大公開!

XMのスプレッドってどうよ?

本ページでは『XMのスプレッドってどうよ?』に本音で回答しています。

管理人の結論から言うと…

XMのスタンダード口座のスプレッドは決して狭いとは言えません

XMの強みは、豊富なボーナス・レバレッジ・信頼性・日本語サポート・約定力・使いやすさ・通貨ペア数にあります。
(スプレッド以外ほぼ全てなのですが…笑)

もしあなたがスプレッドを一番重視するならXMのゼロスプレッド口座を開設するか、別の海外FX業者を検討したほうがいいでしょう。
ちなみにガチガチのスプレッド重視派はTitanFXがおすすめです。(関連:TitanFX(タイタンFX)の評判は?【Q&A方式で回答します】)

関連:XMの評判、管理人レビューはこちら

関連:XMの公式サイトはこちら

 

XMのスプレッド一覧

XMのスプレッドは狭くも広くもない

XMのFX通貨ペアのスプレッド一覧

通貨ペア 最小スプレッド 平均スプレッド
ドル円 1.0pips 1.8pips
ユーロドル 1.0pips 1.7pips
ユーロ円 1.0pips 2.6pips
ポンドドル 1.0pips 2.3pips
ポンド円 1.0pips 3.8pips
豪ドル米ドル 1.0pips 1.8pips
豪ドル円 1.0pips 3.0pips
NZドル米ドル 1.8pips 1.8pips
NZドル円 1.1pips 2.5pips


XMの貴金属ペアのスプレッド一覧

通貨ペア 最小スプレッド 平均スプレッド
GOLD  4.0pips 4.3pips
SILVER 3.7pips 4.8pips
PALL
(Palladium)
40pips
PLAT
(Platinum)
30pips

※PALLやPLATは厳密にいえば先物CFD商品です。

“XMのFX通貨ペアスプレッド”リアルタイムレポート 

ここでは管理人のXMスタンダード口座のMT4で表示される全通貨のスプレッドを観測しています。

メジャー通貨

XMのメジャー通貨一覧リアルタイムスプレッド

※Bidが買い価格、Askが売り価格、!がスプレッド(16→1.6pips)

 

マイナー通貨

XMのマイナー通貨ペアのリアルタイムスプレッド

 

“XMの貴金属ペアスプレッド”リアルタイムレポート 

XMの貴金属ペアスプレッド一覧のリアルタイムレポート

 

“XMの株式指数スプレッド”リアルタイムレポート 

XMの株式指数スプレッド一覧リアルタイムレポート

 

“XMのコモディティ(商品)スプレッド”リアルタイムレポート 

XMの商品(コモディティ)のリアルタイムスプレッド一覧

 

“XMのエネルギースプレッド”リアルタイムレポート 

XMのエネルギー一覧のリアルタイムスプレッド

 

XMのスプレッドを他海外FXブローカーと比較

通貨ペア XM TitanFX AXIORY
ドル円 1.80pips 1.33pips 1.50pips
ユーロドル 1.70pips 1.20pips 1.30pips
ユーロ円 2.60pips 1.70pips 1.70pips
ポンドドル 2.30pips 1.57pips 1.90pips
ポンド円 3.80pips 2.45pips 2.70pips
豪ドル米ドル 1.80pips 1.52pips 2.10pips
豪ドル円 3.00pips 2.12pips 2.10pips
NZドル米ドル 1.80pips 1.86pips 2.00pips
NZドル円 2.50pips 2.62pips 2.40pips

このように、XMのスタンダード口座のスプレッドは他のスプレッドが優秀な海外FXブローカーと比べるとやはり見劣りしてしまいます。
(といってもめちゃくちゃ広いわけではないんですけどね・・。)

スプレッド重視(スキャルピングや、短期自動売買のEAがメインの方)は、XMのゼロスプレッド口座か、低スプレッドを提供している他の海外FX業者を使うのがおすすめです。

 

XMのゼロスプレッド口座はしっかりスプレッドが狭い

XMでは、スプレッド特化型のゼロスプレッド口座(※ECN方式)も選ぶことができます。

※ECN方式とは、スプレッドに手数料を上乗せせず、別途取引手数料が徴収されるもの。

 

XMゼロスプレッド口座平均スプレッド

XM
(ZERO口座)
取引手数料 1.00pips(10ドル/lot)
ドル円 0.10pips(1.10pips)
ユーロドル 0.10pips(1.10pips)
ユーロ円 0.60pips(1.60pips)
ポンドドル 0.40pips(1.40pips)
ポンド円 1.10pips(2.10pips)
豪ドル/米ドル 0.60pips(1.60pips)
豪ドル/円 1.00pips(2.00pips)
カッコ内が「平均スプレッド+往復取引手数料」のトータルコストです。XMの取引手数料1000円(10万通貨あたり)をスプレッド換算すると1.0pips。
つまり、スプレッドに1.0pipsを足すと、トータルの取引コストを出すことができます。(例1)0.10pips(ドル円平均スプレッド)+1.00pips=1.10pipsこれがドル円のトータルの取引コスト(例2)0.60pips(ユーロ円平均スプレッド)+1.00pips=1.60pipsこれがユーロ円のトータルの取引コスト

 

XMのゼロスプレッド口座のリアルタイムスプレッド(日本時間16時頃)

みていただけばわかるように、ドル円はスプレッド0.0pipsが基本で、開いても0.2pipsほど。
ユーロドルも0.0pips~0.3pipsと高水準のスプレッドです。

取引手数料は1lot(10万通貨)あたり1000円と少し高めですが、スプレッドは本当に優秀。

信頼性の高いXMを使いたい“&”スプレッドの狭さも重視する“というトレーダーは口座開設を検討する価値ありです。

 

XMのゼロスプレッド口座についてもっと詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

関連:XMのZERO(ECN)口座ってどうなの?管理人が徹底解説!

XMのゼロスプレッド口座開設はこちら

 

XMのスプレッドまとめ

『XMのスプレッドって正直どうよ?』というところをもう一度まとめると以下の通り。

  • スタンダード口座のスプは狭くはない
  • スプレッド重視で海外FX口座を探しているなら、XMのゼロスプレッド口座か他海外FX業者の方がいい
  • XMはスプレッド以外の部分(ボーナス・レバレッジ・信頼性・日本語サポート・約定力・使いやすさ・通貨ペア数)は素晴らしい

ハイレバレッジで超短期売買を繰り返したいという方には、XMのスタンダード口座は不向きかもしれません。

そもそもXMはスキャルピングよりもデイトレード向きの海外FX業者。

スプレッドが業者選びの最優先事項だ、という方は別の海外FX業者を検討しましょう。

 

※【追記】ガッツリスプレッド重視ならオススメはTitanFX

TitanFXはスプレッド特化型の海外FX業者。

スタンダード口座とECN口座の2つで展開していますが、どちらも鬼のスプレッドの狭さです。

さらに、スプレッドが狭いだけでなくNDD方式採用で、約定力も高くスキャルピングはやりたい放題。

もし、あなたが海外FX業者選びにスプレッドを何よりも重視しているなら、TitanFXが断然オススメです。

関連:TitanFX(タイタンFX)の評判は?【Q&A方式で回答します】
関連:TitanFXの口座開設はこちら







海外FX比較.comのイチ押し海外FX業者はXM!
口座名 最大レバレッジ 日本語サポート ドル/円スプレッド 最小取引単価
888倍 1.0pips~ 100通貨

日本人トレーダー人気No.1!ボーナスも手厚い、ダントツおすすめの海外FX業者!

追証なしのゼロカットシステムを採用! 管理人が5年前からメインの海外FX口座として利用しているブローカー。 指標取引など値動きが大きい時間帯にも強いのが特徴! CFD、原油、金、株価指数など合計100銘柄以上の豊富な取引商品を取り揃える。
新規口座開設で全てのユーザーに30$の入金ボーナス 2017年12月限定!期間中のすべてのユーザーの入金額の100%をボーナス入金 +以降追加入金毎に+20%をボーナス入金2017年12月限定!100%入金ボーナスの詳細はこちら

kouzakaisetu XM(XEMarkets)の口座開設方法

カテゴリー