menu

XMの口座タイプは3種類!「どれを開設すべきかわからない…」なら読むべし

【XMの口座タイプは3種類】管理人の体験を交えつつ選び方を解説

XM(XMtrading)が用意している口座タイプは次の3種類。

  • マイクロ口座
  • スタンダード口座
  • ZERO口座

3つ開設できる口座があるのは「目的に応じて自分の好きな口座を選べる」という点でメリットですが、選択肢があれば迷ってしまうのがヒトの性分。

自分はどの口座を開設すべきなのかわからない」という方も多いでしょう。

ということで今回は管理人の体験も交えながら、あなたのXMでの口座選びをサポートすることを決心した次第です。

 

ちなみにXMで海外FXデビューを果たした管理人は「①マイクロ口座→②スタンダード口座→③ZERO口座」の順で口座を開設しました。

3つの口座タイプを比較しつつ、管理人が上記の順番でXMライフを送ってきた理由について丁寧に開設していきます。

【XMでは複数口座開設OKで資金移動もカンタン】

XMでは複数口座を開設OK。
費用は無料で、所要時間はたったの1分しかかかりません。(マイページから手続きするだけで、書類の認証作業ナシです。)

もちろん初めに開設した口座と違う口座タイプも選択できます。

万が一間違えたとしても取り返しはスグにきくので、そこまで身構えずに気楽に読んでみてください。

また「XMについて当サイト管理人の正直な意見を聞いておきたい」という人は、まず下記のページをチェックしましょう。

XM(エックスエム)の評判・追証・特徴

XMの口座開設はこちら
XMの公式サイト

XMの口座開設方法はこちら
XMの口座開設方法

 

XMの口座タイプ(マイクロ口座・スタンダード口座・ZERO口座)比較

各口座タイプの基本スペックは以下の通りです。

項目 マイクロ口座 スタンダード口座 ZERO口座
(ECN)
約定力  オーダー執行率100% 99.35%の注文が1秒以内に約定
ボーナス 100%入金ボーナス
3000円未入金ボーナス

XMPロイヤリティプログラム
3000円未入金ボーナス
スプレッド ドル円平均2.0pips ドル円平均2.0pips ドル円平均0.1pips
取引手数料 なし なし 1.0pips/取引
最大レバレッジ 888倍 888倍 500倍
ロスカット水準 証拠金維持率20%以下 証拠金維持率20%以下 証拠金維持率20%以下
追証 なし(ゼロカット) なし(ゼロカット) なし(ゼロカット)
初回最低入金額 500円 500円 1万円
1lotの単位 1000通貨 10万通貨 10万通貨
最低取引枚数 0.01lot
(10通貨)
0.01lot
(1,000通貨)
 0.01lot
(10,000通貨)
最大取引枚数 100lot
(10万通貨)
 50lot
(500万通貨)
 50lot
(500万通貨)
通貨ペア数 57種類 57種類 56種類
CFD取引 可能(42銘柄) 可能(42銘柄) なし
貴金属取引 可能(5種類) 可能(5種類) 可能(2種類)
取引プラットホーム  MT4・MT5(Windows, Mac, Android, iPhone)  MT4・MT5(Windows, Mac, Android, iPhone)  MT4・MT5(Windows, Mac, Android, iPhone)
無料VPS 対応 対応 対応

まずは違う項目だけピックアップして、特徴をまとめておきます。

XMマイクロ口座の特徴

  • 100%入金ボーナスに対応している
  • スプレッドは狭くない(ドル円で平均2,0pips)
  • 初回入金500円から取引OK
  • 最小10通貨からエントリーできる
  • 最大10万通貨までしかエントリーできない
  • エネルギーやインデックス株など、多種多様なCFD商品を取引できる

XMスタンダード口座の特徴

  • 100%入金ボーナスに対応している
  • スプレッドは狭くない(ドル円で平均2,0pips)
  • 初回入金500円から取引OK
  • 最大500万通貨までエントリーできる
  • エネルギーやインデックス株など、多種多様なCFD商品を取引できる

XMZERO口座の特徴

  • 最大レバレッジは500倍まで
  • 入金ボーナスに対応してない
  • スプレッドが狭い(手数料込みでもドル円で平均1.1pips)
  • 初回入金に1万円以上必要
  • CFD取引には対応していない

海外FX初心者だった管理人はまずマイクロ口座を選んだ

海外FX初心者だった管理人はまずマイクロ口座を選びました。

理由はシンプルに海外FX取引に慣れるため。
国内FXで1年弱ほど、MAXで300倍程度のレバレッジで取引経験がありましたが、初めての海外FXということで慎重になってたんだと思います。
(生まれてこの方”石橋を叩いて渡る”性分なもので…)

決め手になったのはもちろん「最低10通貨から取引できる」という特徴です。

※現在は国内FXでハイレバ取引できないので「ハイレバ取引に慣れる」という理由でマイクロ口座を選んでもいいと思います。

 

マイクロ口座なら最小で2円以下の証拠金で取引できる

10通貨でエントリーするとして、必要な証拠金を試算してみました。

レバレッジ 必要証拠金
100倍 10円
200倍 5円
400倍 2.5円
800倍 1.25円

上記はザックリ1ドル100円計算でしています。

レバレッジ100倍なら10円800倍なら1.25円の証拠金さえあれば、エントリーできます。

慣れる段階で何万円も溶かすのはイヤだ…」と考えていた管理人は、たった数千円でも長く取引できそうなマイクロ口座を選びました。

 

3000円の口座開設(未入金)ボーナスは、取引に慣れるために惜しみなく使った

上述したようにXMには新規口座開設で3000円分もらえますが、私は取引に慣れるために全て使いました。
(もちろん未入金ボーナスを元手に、利益を狙うスタイルを否定するわけではありませんが…)

使い方としては20通貨でエントリーして、後は決済とエントリーを繰り返すだけ。

理論上※は120pips(ドル円換算で1.2円の値動き)まで負けられるので、ボーナス分だけでも1週間くらいは難なく取引できたのを覚えています。

※何回取引したかは覚えてないので、スプレッドの支払いは加味してません。

 

 

取引・MT4に慣れた段階でスタンダード口座に移行した

海外FXの取引プラットホーム「MT4」にも慣れた管理人は「せっかくの海外FX、もっと大きなポジションで取引したい」と感じるようになりました。

(関連①:MT4(メタトレーダー4)を使うメリットは?
(関連②:MT4(メタトレーダー4)の注文方法

  1. ガッツリ万単位で入金する
  2. 入金ボーナスを受け取る
  3. ボーナス×ハイレバレッジで大胆エントリー

このような取引をするためには、どうしても取引上限10万通貨が足枷になってしまったのです。

※最大レバレッジ888倍のXMなら、約1万2000円の証拠金があれば10万通貨エントリーできます。

特にハイレバ取引やMT4の操作に抵抗がなければ、遠回りせずにいきなりスタンダード口座から始めてもいいでしょう

 

100%入金ボーナスを活用して大ポジションでデイトレードを繰り返す日々

スタンダード口座のスプレッドはそんなに狭い印象ではなかったので、スタイルはもっぱらデイトレード。
(参考:XMのスプレッドって広いの?全通貨ペアのスプレッド一覧大公開

一気に5万円入金してボーナスで証拠金を2倍に増やし、50万通貨程度のポジションでガッツリ取引しました。

 

原油やココアなどのCFD商品の取引にも挑戦してみた

またXMのスタンダード口座はFX通貨ペア以外にも、多種多用なCFD取引に対応しています。

海外FX取引に慣れたのもあって、通貨ペア以外の取引にもチャレンジしてみました。

【XMで取引できる商品一例】

  • 原油
  • 天然ガス
  • ココア
  • とうもろこし
  • 日経225
  • NYダウ

特に当時アベノミクス効果で上昇トレンドが発生していた日経225は、XMメインで取引させてもらいました。

日経225は最大レバレッジ200倍で取引できたので、国内の取引所を利用するのをバカらしく感じたのを覚えています。

(関連:日経平均225などCFD銘柄をハイレバ取引するなら追証なしの海外FXがおすすめ

 

 

ZERO口座は「XMでのスキャルピング用」として利用している

ちょうどスタンダード口座でCFDを漁っていたのとほぼ同時期に、ZERO口座とも真剣に向き合い始めました。

それまでは得体の知れないECN方式ということで敬遠していましたが、海外FXだけで年間7桁以上利益が残ってたので心に余裕ができたからなのかもしれません。

【ECN方式の特徴】

  • スプレッド0.0pips~取引できる
  • FX市場と直結しているから、公平な取引ができる
  • スプレッドとは別に取引手数料がかかる

(参考:【海外FXのECN口座まとめ】STP口座との違いから手数料・業者比較まで

めちゃくちゃ短期売買向けのスペックなのですが、スキャルピング用のメイン口座にはせずにEAスキャの際に重宝しています。

 

スプレッドは他の海外FX業者に一歩及ばない

スキャルピング用のメイン口座にしなかったのは、シンプルにもっとスプレッドが狭い業者があったからです。

海外FXでスキャルピングに最適な業者は?」でも紹介していますが、管理人のスキャルピング用メイン口座はTitanFX。

ドル円で比べてみると、

  • TitanFX
    →平均で0.9~1.0pips(手数料込み)
  • XM(ZERO口座)
    →平均で1.1~1.2pips(手数料込み)

わずかにXMのZERO口座は遅れをとっています。

短期売買ならスプレッドを0.1pipsたりとも妥協すべきではない」ということで、メイン口座抜擢は断念しました。

(関連:TitanFXの評判は?【Q&A方式で回答します】

 

無料VPSが存外おいしい。口座間資金移動もカンタン

ただXMではVPSが無料で使い放題。

  • 毎月5lot(50万通貨)以上取引する
  • 口座に500ドル相当(約50万円)以上の残高がある

管理人はこの条件を難なくクリアしてたので、XMからVPSサーバーを借りることができました。
(※条件を満たさなくても毎月3000円払えば利用できます。)

ちょうどEAを使った自動売買にハマってた時期だったこともあり「短期売買用のEAを使うならZERO口座にしよう」と決めたのです。

(参考:海外FXでVPSを使うメリットは?自動売買におすすめVPS業者、無料VPSも紹介!

 

また口座間の資金移動がカンタンだったのも追い風になりました。

XMではほぼタイムラグなし・ワンクリックで、マイページから別口座に資金を移動できます。

XM内の資金をXMで使い回すことで「XMから出金→他業者に入金」の手間を省けたのも、ZERO口座を利用している理由です。

(参考:XMのZERO(ECN)口座ってどうなの?管理人が徹底解説

 

取引経験・目的に応じてXMの口座タイプを選ぼう

以上今に至るまでのXM遍歴をお伝えしてきましたが、全員が全員管理人のマネをする必要はありません。

参考にしていただけるところは参考にしつつ、ご自身の取引経験や目的に応じてピッタリの口座を選びましょう。

最後に各口座タイプがおすすめの人をまとめておきます。

とりあえず1日に数十回取引するようなゴリゴリのスキャルピングトレーダー以外は、まずボーナスがもらえるマイクロ口座かスタンダード口座を選んだ方がお得です。

【マイクロ口座を選ぶべき人】

  • XMが海外FXデビューの人
  • 当面は10万通貨以上で取引しないと決めている人
  • 最低10通貨からエントリーして海外FX取引の感覚をつかみたい人
  • 3000円未入金ボーナス分で1週間は取引したい人

【スタンダード口座を選ぶべき人】

  • 1000通貨以下で取引しないと決めている人
  • ハイレバ・入金ボーナスを活かして、数十万通貨ポジションでエントリーしたい人
  • 1日1回~2回取引するくらいのデイトレーダー
  • 原油や日経225などのCFD商品をハイレバで取引したい人

【ZERO口座を選ぶべき人】

  • スプレッド・取引コストの安さを重視するスキャルピングトレーダー
  • VPS環境を活かしてEAを用いたシステムスキャがやりたい人
  • 海外FXのECN取引を未入金で試してみたい人

上記を参考に”あなたなりのXMライフ”を始めてみてください。

XMの口座開設はこちら
XMの公式サイト

XMの口座開設方法はこちら
XMの口座開設方法







海外FX比較.comのイチ押し海外FX業者はXM!
口座名 最大レバレッジ 日本語サポート ドル/円スプレッド 最小取引単価
888倍 1.0pips~ 100通貨

日本人トレーダー人気No.1!ボーナスも手厚い、ダントツおすすめの海外FX業者!

追証なしのゼロカットシステムを採用! 管理人が5年前からメインの海外FX口座として利用しているブローカー。 指標取引など値動きが大きい時間帯にも強いのが特徴! CFD、原油、金、株価指数など合計100銘柄以上の豊富な取引商品を取り揃える。
新規口座開設で全てのユーザーに30$の入金ボーナス 2018年6月限定!期間中のすべてのユーザーの入金額の100%をボーナス入金 +以降追加入金毎に+20%をボーナス入金2018年6月限定!100%入金ボーナスの詳細はこちら

kouzakaisetu XM(XEMarkets)の口座開設方法

カテゴリー